(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
8月1日は801でやおいの日ですよ派。


7月のオススメ(7月の読了冊数:54冊

・BL漫画:それなりに真剣なんです。(麻生海/芳文社)
・一般漫画:呼出し一(中村明日美子/講談社)、魍魎の匣(志水アキ/角川書店)、ぢごぷり(木尾士目/講談社)
・小説:紫色のクオリア(うえお久光/電撃文庫)、嘘と誤解は恋のせい(小林典雅/花丸文庫)


 7月はとにかく一般漫画の当たりが多すぎてやばかったです。
 次点になりますが、ジゼル・アラン(笠井スイ/エンターブレイン)は新人らしいわくわくするような筆致に新人とはとても思えない完成度で本当にビックリしましたし、ナイフエッジガール(古街キッカ/一迅社)も安定した完成度の高さに加えて女の子がバリエ豊富かつみんなかわいくて収穫。かわいさだと晴れのちシンデレラ(宮城楽/竹書房)はキャラも雰囲気もかわいくてあたたかくてほくほくしました。あと笑いという点で男子高校生の日常(山内泰延/スクウェアエニックス)のくだらなさは結構ツボでした。
 そんな中で呼出し一を選んだのは、どんなにかかっても続きを待ちたい、と思えるくらいよかったからです。ウツボラともども、復帰される日が来ることを楽しみにしています。そして魍魎の匣とぢごぷりは完結おめでとう。前者は作品へのリスペクトと自己アレンジともども、トップクラスのコミカライズでした。ぢごぷりのメッセージは痛かった……でも読めてよかったな。

 BL漫画は今回は1つだけ。それなりに真剣なんです。は地に足を着けて一緒に生きていこうとする人たちの姿が眩しい、いい家族ものでした。8月の読了になりますが、家賃半分の居場所です。(麻生海/芳文社)もよかったので、BL漫画では今のところ今年一番発見の作家さんかも。

 小説は一般どころでは有川浩の自衛隊三部作(塩の街、空の中、海の底/角川書店)遠回りする雛(米澤穂信/角川書店)が良かったです。そしてオススメにあげた紫色のクオリアはなんか、凄かった……話題から1年ほど遅れての読了で、正直上手いこと感想がまとまらなかったのですが、とりあえず凄かったのは確か。そして嘘と誤解は恋のせいはおかしみのある展開とバカップルっぷりにひたすらにやにやしました。しかし前半はインドアだったから後半はアウトドアにしました!→無人島行き、って発想は凄いwww

 ……先月の反動か、今回は色々書いてみた。とりあえず書きたい気分だった、ということで。


2010年7月26日 - 2010年8月1日の読書メーター
読んだ本の数:16冊
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。