(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 1/22~1/28の読了です。

 地獄のテストもほぼ終息へ。今週は2冊しか読めてませんが、来週からは徐々に元のペースに戻すつもりです。が、頑張って本読むんだ……!


1/26 黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで(細音啓/竹岡美穂/富士見ファンタジア文庫)

 ファンタジア大賞<佳作>受賞作。えー、ぶっちゃけ竹岡美穂の絵買いなわけですが、面白かったです。台詞や話の進め方に素人臭さがあるし、後半の構成は断続的すぎて盛り上がりも途切れ途切れになっている感じだけど(もっとストレートにしてよかったと思う)名詠式の設定と、イヴマリーとカインツのラストは、その欠点を補って余りある良さでした。前者は良く考えたな~と思いますし、そもそも『歌』と魔法を絡めた設定が割と好きなので。後者は本当にツボ。こういう切ない系大好きだ! サファイアかどうかはともかくとして、確かに『切ない』作品でした。主役おいてけぼりとかキャラが多すぎるとか突っ込みたいところは多いのですが、まあ続編で彼らも目立つことでしょう。だからいいです。
 評判どおり、というか富士見Fで評判のいい作品で久々に面白く読める作品でした。新人だし、これから伸びてくれると思うので、次にも期待。シリーズ化すると思いますし。

【評価:★★★☆】


1/28 クジラのソラ 02(瀬尾つかさ/菊池政治/富士見ファンタジア文庫)

 うーん、面白いんだろうというのは伝わってくるんです。ゲームの設定は裏が明かされてもやっぱり魅力的ですし、ストーリーも、友情・真実を知っての挫折・葛藤・そこからの立ち直り、と面白い要素を詰め込んでいて、なおかつ今回は詰め込みすぎという事態にはなってないんです。でもイマイチはまれない罠。地の文による描写を怠っているせいでゲームの迫力が伝わりきらず、その上ピンチの切り抜け方もぬるい(新しい能力に目覚めた→クリア、みたいな)ので完全に楽しめない自分がいます。挫折や葛藤にしても、心理描写が弱い&立ち直り方が安易なのでそこまで心に響かずじまい。キャラクターもメイン以外は弱いですし。新キャラにいたっては話を進めるだけの存在ですし……。
 ストーリー自体は面白いですし、多分はまれる人ははまれるんだと思います。でも私はダメだったorz 結末は気になりますが、この先これ以上の盛り上がりがあるとは想像しにくいので、次は様子見で。

【評価:★★★】
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/192-0bff8174

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。