(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 咎狗、nルートクリアしました。
 まとめての感想はこの後で。いくつかルートをやり直してから書こうかと思いましたが、電撃の新刊出たらそんな時間ないですし。

 以下はプレイ感想です。ネタバレ多量というか、このルートはネタバレなしの感想は一番無理だ……。


 まず最初に一言。ラブがいらないよラブが!
 まさかBLに対してこんな感想を抱く事になるとは思いませんでした。もっと細かくいうとHがいらない。なんであの流れでそうなったのかいまだに分かりませんし、別にあれがあってもなくても話に支障はなかったと思います。18禁ゲームですし、なきゃないで問題ではありますが、必要性が欲しかったなぁ、と。別にHメインの鬼畜系エロゲじゃないんですから。
 そして絶望の真っ直中にいた空虚なnが意思や感情を取り戻す流れも微妙。というかあの程度の説得で意思を取り戻していたらnの絶望自体が軽いものになるじゃないですか。アキラがああいう事を言う理由もイマイチ不鮮明ですし。積み重ねが足りないよ! Hをうまく話に組み込んでラブの必要性をUPさせることができなかったのかしら。


 でも、咎狗の血全体の最後に来る、真相ルートとしてみると、文句なくいい結末でした。もうね、エマとケイスケがね!
 エマは他ルートでやっていてもしかしたら……と思っていた路線ストレートでした。まさかBLゲーで男女CP萌えするとは思ってもみなかったよ! 無感情の男といい女のすれ違いラブはベタだけど萌えです。そしてすれ違った末の悲しい殺×愛に涙……。何この素晴らしい男女萌え。エマ死亡は他のルートでもあったけど、掘り下げがされた後で見ると格別に良いですね。
 そしてケイスケ。ケイスケルートは一番最初にやっていて、その後はどのルートでも黒スケ→死亡というナジミストの心をずたずたにする(それが3回も続くのよ……)道をたどっていたのですが、nルートでかすかな持ち上げがあって本当によかったです。まあその後底辺まで叩きのめされるんですがね! 
 でも叩きのめされた身でいうのも難なのですが、ケイスケに関してはこれが一番よかったんじゃないかな、とも思っています。ほら、ちゃんと正気に戻って自分の目的を果たしていますし。ラストの告白とか切なすぎて泣けます。お前どこまでワンコなの!

 後日談は余計だったかなとは思ってますが(二人のラブにイマイチ必然性も必要性も感じていないので)EDは実に良かったです。というかSTILLのイントロが流れる演出が神。スタッフロールへの入り方はこれがダントツでよかったと思います。STILLはやっぱり名曲だと確信しました。


 BLとしてみるとダメな気もしますが、咎狗のシメのルートとしては非常に良かったので、文句はあんまりないです。ケイスケ……。
 あぁ、しかしn×エマの萌えは一体どこで発散したら良いのかしら……。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/205-26a47124

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。