(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
◆アレクシオン・サーガ(五代ゆう/HJ文庫)
◆身代わり伯爵の冒険(清家未森/角川ビーンズ文庫)
◆神語りの玉座 星は導の剣をかかげ(薙野ゆいら/角川ビーンズ文庫)
◆ジューンブライド上等。(三浦勇雄/MF文庫J)
◆是 -ZE-1(志水ゆき/Dear+コミックス)
◆のだめカンンタービレ 3~9(二ノ宮知子/KCKiss)
◆隣の部屋のパラノイア(南かずか/Charaコミックス)
◆働きません!(山田ユギ/Charaコミックス)
◆どうして涙が出るのかな(山田ユギ/ルチルコミックス)


 ビーンズ新人+五代のファンタジーきた! HJは五代のファンタジーを出してくれるという点で好きですよー。新レーベルつながりで、そういえばGA文庫はまだどれも読んでないなぁ。
 そしてのだめ一気購入きたー……。まだ読めてませんがorz というかちびちび買う予定だったのに、父め。


 のだめ以外の感想は下に。


◆是 -ZE-1(志水ゆき/Dear+コミックス)

 おんなのこが とても えろい ぼーいずらぶでした。私嘘はついてないですよ?
 言霊を使役する言霊様と、彼らの傷を引き受ける紙様との関係を描いた和風ファンタジーなBL。うーん、まだ舞台を整える段階だと思っても微妙でした。キャラの多い作品(BLに限った話ではなく)にありがちな、各キャラをまんべんなく描写しようとして結局どのキャラも中途半端、という罠に陥っているのが痛いです。何人か見分けのつかないキャラがいるのはしょうがないとしても、キャラの掘り下げもあまりできていなくて、感動的なシーンもイマイチ心に響かなかった、というのはさすがにきつい。ベテランなのだから、メインとサブの区別はきっちりつけて書くべきだと思いました。あと粘膜接触なんてエロい設定を持ってきているのに、エロいのは紅緒だけってBL的には詐欺じゃないかと……。これがディアプラの限界なのかなぁ。
 総じてイマイチ。不細工特集の短編はどっからどう見ても不細工じゃないことを除けば面白かったんですけどね……。


◆隣の部屋のパラノイア(南かずか/Charaコミックス)

 ……生まれて初めてかもしれません。裸体に萎えた。
 初読時ではつまらないと思い、でも最初からストーリー姓のない話だと割り切って読めば面白いのかなぁと思って再読してもつまらなかったです。何せ主人公以外で名前のあるキャラは全員Hすることしか頭にない、同じ思考パターンなので、頭空っぽにして読んでも苛ついて……。なんでこんな攻め好きになるのか分からないので主人公の思考回路も分からないという悪循環に。そして最大の問題はHなシーンがやたらと多いわりに裸体に萎えてしまうという状態orz 南かずかの顔の描き方は綺麗で好きですし(顔のパターンは2種類しかないですが)着衣姿はそれほど気にならないんですが、裸になった瞬間orz だって胴長すぎ……これ絶対消化悪そう……それとも乳首の位置が高すぎるの? 生まれて初めて乳首の位置をすごい気にしました。それ以外にも攻めまで細いという状態なので、受けに覆いかぶさったときの背中萌えな私としてはこれは許せない話です。
 あと某ましろさんのように真っ白なのも問題ですが、画面はただ埋めりゃ良いってもんじゃないと思いますよ? 変形ゴマ使いすぎもあって乱雑で読みづらい……。キャラの魅力も皆無ですし、地雷ですな、うん。


◆働きません!(山田ユギ/Charaコミックス)

 赤尾と坂巻はどっちが攻めでどっちが受けですかー!?
 会社が倒産したため、新天地で奮闘する新人編集者の奮闘記。面白かった! 軽快なテンポで話が進んでいくのも、パワフルで魅力的な脇も良いですが、何より主人公が良いです。新人らしく、仕事の役に立たないことに落ち込んで、でも全部投げ出して誰かに甘えることは絶対に嫌、っていう若さとか人間味が好き。どうにもままならない社会の中で、でもそんな主人公が頑張る話なので、素直に良いなぁと思えます。仕事できるけどガキな池内も良くて、やっぱりBLとしても実に良い出来。問題はラストのおまけが強烈過ぎて読み終わったあとの印象が全部そっちに持っていかれちゃうことかしら。いやだってこれどっちが受け? 見た目的には坂巻×赤尾ですが、いやでも山田ユギ年下攻めの法則とかあとがきのシオちゃん×坂巻発言とかから推測すると逆かも……だからどっちなんですか。
 どこかにこの二人の受け攻めが分かる番外編でも収録されてないかしら。それはともかく、満足満足。スカっとするBLでした。


◆どうして涙が出るのかな(山田ユギ/ルチルコミックス)

 あれ? もしかして初ルチル? ちょっとびっくり。……そんなことはどうでもいいですね。
 中2の時から始まる10年愛。悪くはないけど、ユギ作品の中では微妙かも。10年(以上かも?)にわたる話を1巻で描いていて、本来なら密度は濃いはずなのですが、ユギは基本的に心理描写をじっくりと積み重ねるよりも、はっとさせるようなモノローグを効果的に入れてぽんぽんと話を進ませる人なので、結果密度は薄くなってしまうという罠。そして密度が薄いので話自体も間延びしたように思えて、だらだらした感じが拭えないという悪循環にorz 別にコミックス1冊分も連載をつなげないで、もっと短くまとめられたんじゃないかなぁと。キャラはメインも脇も魅力的で、特に脇CPはメイン以上に萌えたのですが(眼鏡と不良!)うーん……。でも部分部分は面白いのでそこまで損した気にならないあたりも山田ユギなのかな。
 期待値が高すぎた、ということでしょうかね。しかし山田ユギってデビューはルチルなんだ……ちょっと意外。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/226-caa33ba6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。