(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
◆ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスは開幕のベルを鳴らして(青木祐子/集英社コバルト文庫)
◆ピーターパン・エンドロール(日日日/新風舎)
◆月と茉莉花(佐倉朱里/LINX ROMANCE)
◆戦う司書と恋する爆弾(山形石雄/集英社スーパーダッシュ文庫)
◆神官は王に愛される(吉田珠姫/ガッシュ文庫)
◆歌姫(あき/ZEROコミックス)
◆こころ(榎本ナリコ/夏目漱石/小学館)
◆キス&ネバークライ2(小川彌生/KCKiss)
◆のはらのはらの(雁須磨子/ミリオンコミックス)
◆転校生・神野紫(田中鈴木/ルチルコミックス)
◆純情ロマンチカ2(中村春菊/あすかコミックス CL-DX)
◆春を抱いていた④(新田祐克/SBBC)
◆のだめカンタービレ10~17(二ノ宮知子/KCKiss)
◆ONLY IF(藤たまき/Dear+コミックス)
◆がっこうのせんせい1(松本花/Dear+コミックス)
◆優しくしないで!2(松山花子/BAMBOO COMICS)
◆放課後保健室7(水城せとな/プリンセスコミックス)
◆ピクニック(山田ユギ/花音コミックス)
◆ちんつぶ1,2(大和名瀬/MB COMICS)
◆デキる男の育て方(大和名瀬/Charaコミックス)
◆ペット・お仕事中(大和名瀬/BBC)

 そういえば挙げてなかったです。今木曜日なのに。。ここ最近はちょっと色々動いていた&生来の怠け癖のおかげで漫画も小説もまともに読めてない状態です。これはひどい。
 とりあえず読んだ漫画の感想だけ。あとで増えるかもしれません。


◆歌姫(あき/ZEROコミックス)

 ヴィクトリアン・ローズ・テーラーのイラストが思いのほか素晴らしかったので漫画を購入。やっぱりこういう繊細な感じの絵は大好きだなぁ。トーンにあまり頼ってない画風も雰囲気に合っていていいよー。で、内容はというと……あぁ処女作なんだなぁ、というのが分かります。つまり微妙。国王と歌姫の設定やカインの存在、マリアとトーマスの関係、その他諸々、と1巻にまとめるにはやや多い情報量を捌けていなくて、結果ごちゃごちゃとしています。この作品の主眼はなんだったのか、何を伝えたかったのかが分かりづらく、雰囲気漫画にしてもそれじゃダメな気が。オチも腰砕け。マリアとトーマスの関係は切なくて好みなだけに、もったいないです。同時収録の読みきりもそんな感じ。雰囲気漫画ゆえ明かさない方がいい設定と、明かさなくちゃラストが生きない設定の区別はつけた方がいいと思う。
 そこら辺もひっくるめて、処女作だなぁという感じ。絵はやっぱり素敵なので、もうちょっとシンプルな設定・話を読んでみたいな。


◆こころ(榎本ナリコ/夏目漱石/小学館)

 読む前から、現代設定でやるのはちょっと無理だろう、と思っていましたが、実際読んでみてもそんな感じでした。Kの宗教観念とかは現代設定にするとピンとこないですし、静子は原作のおとなしい子の方がかわいかったですし。1巻に収めるが故の現代サイドの巻き展開は仕方がないと諦めるとしても(いやこころはあの現代で虚ろになった先生の描写があってこその話だと思いますが!)ラストの静子と別れるあたりは微妙。夫婦という形を保ち続けていないと先生のキャラが変わってしまう気が。でも榎本ナリコという人選はかなり合っているし、終盤の先生の焦燥感、そしてラストの喪失感は白眉。あの見開きに、全てを奪われた気分です。構成を変えて、二章の主人公をラストに持ってきたのも素敵。
 これを読むよりは原作を読んで欲しいけど、これはこれで悪くない……かな。静子とくっつくあたりはすごく榎本ナリコっぽかったわ。


◆キス&ネバークライ2(小川彌生/KCKiss)

 1巻の時も微妙にそんな気はしていたけど、少女漫画って言うより青年誌で連載した方がしっくりくる話。男→女←男の三角関係を楽しむには、男は魅力的だけど両方へたれな上に、みちるがもろに綾波系+トラウマ持ちで感情移入できる要素が何一つなくて微妙。そしてみちる萌えで楽しむにしても今回の展開はぽかーん( ゚Д゚)なんていうか、この展開にこれを許容するヒロインって男→女←男の三角関係をメインに据えた恋愛話(それも少女漫画)で一番やっちゃいけないことと思うんですが……(女→男←女だったらありっちゃあり)それ抜きにしても、重い要素が多すぎて個人的に微妙。あんまり重い要素を入れすぎても……しかもつぎ足したトラウマの真相自体はちょっと考えれば分かりそうなレベルなんですし……。1巻くらいの軽さがこの話にはちょうどいいと思うんだけどなぁ。
 どうも作者の感性と舞台設定と作品の方向性がかみ合っていないような。読みやすいし、フィギュアスケート面は楽しめるし、全体でもつまらないってレベルではないのですが、この分だと3巻はいいかな。 


◆純情ロマンチカ2(中村春菊/あすかコミックス CL-DX)

 ロマンチカ2巻。あー……1巻の時に感じた危惧が大当たり。話自体は悪くない、というかむしろシリアス部分に関してはいいと思いますし、エゴイストの二人は前回同様萌えますし。だけどどちらの話もこれから続けるのは無理ですって。ロマンチカの方はこれとラストのオマケで完結、が綺麗で違和感ないと思いますし、エゴイストにいたってはこの時点ですでに後日談なエピソードですよ……。どちらの話もこれ以上続けたところで蛇足になるのが目に見えています。というかエゴイストの方はすでに(ry あと元々シリアス作家なせいか、ギャグが厳しいなぁ。つだみきよについても同じことを思いましたが、こういうやかましいだけで言葉のセンスも切り返しもテンポもネタも良くないので笑うのはきつい。。
 ここまでは面白いと思いますが、この先惰性で盛り下がっていくのが目に見えているのでここで切り。面白いところだけを知っている、というのは幸せなことだと思っています。


◆がっこうのせんせい1(松本花/Dear+コミックス)

 飛由嬢にオススメされたので購入。か、かわいい!!今まで獣耳な少年なんて……と思っていたのが嘘のようです。あれか、露骨なエロ・萌え狙いな雰囲気にならなければケモ少年はおっけーなのか。いやもうね、とにかく友が可愛くてですね! 他の獣耳なキャラ達もかわいいしで、いーやーさーれーるー。話もいいハートフル。こういうあったかい感じは好きです。ただ雪さんは女で良かったと思うし、番外編でのBL&エロ展開はいらないなぁ。ディアプラに、そしてこの漫画にえっちい雰囲気は求めてないですって。ウィングスでやればいいのにー。
 とまれ、こういうのは大好きなんで、続きも買います。もうね、友がかわいくてかわいくて(ry


◆放課後保健室7(水城せとな/プリンセスコミックス)

 表紙が水橋姉弟。真白が表紙にいないのって初めてじゃないかしら?
 紅葉と別れて、真白が自分の中の女性性を意識する、と展開は遅いものの内容は詰まっていた前回に比べると、今回はつなぎって感じが大きいかな。というか紅葉がほとんど退場状態になったために新たな三角関係作成と仕切り直しがメイン。そして蒼関係の謎明かし。だけど相変わらず丁寧かつ抉るような心理描写が神がかっているので面白い面白い。今までは真白を追い詰める立場にあった紅葉が、初めて自分を見直すあたりが良いです。このあたりから本誌もチェックし始めたので、この後にあの決意があるのかと思うと心が震える。今まではあくまで傍観者だった先輩にも色々出てきて、いいよーいいよー。蒼関係は本当だったら驚いたりするところなのですが、いかんせん蒼は真白と紅葉に比べると普通だからなぁ……。あの二人がドロドロすぎて蒼がすごくまともに見えてくる。
 そしてラストで展開が大きく動く。悩んでは逃げての繰り返しで全く持って成長しなかった真白が、とうとう、とうとう成長したよ! 感動だ……。雑誌のと合わせて、あと2巻ってところかしら。いや、あと3巻でも驚かないですが。


◆ちんつぶ1,2(大和名瀬/MB COMICS)

 ア ホ か!
 内容については説明しようとすればするほどバカらしくなるので省略。一言で言えばしゃべるちんこと入れ替わりちんこなSF。この説明見ただけでバッカじゃねーのって思うことでしょう(褒めてます)中身はそれ以上にバカでアホ。最初の1,2話は書いている本人が恥ずかしがってるのかくだらねぇと自分自身でも思っているのか、展開に照れやわざとらしさが見えるのですが、それ以降は開き直ったのか普通に真面目な展開も入れたりして、設定とのギャップでなおさら笑えます。どこまで正気なんだこのマンガwww 近眼なちんことか普通じゃ考えないってwwww いやまあ一番アホなのは主人公な取手君なわけですが。というかこいつが主人公ってそれはひょっとしてギャグで言ってるのか。まあいいや、このマンガだし。
 ……と、そんな感じで笑い飛ばしていたわけですが……どうしよう……生まれて初めてちんこに萌えた。神谷ちんこ可愛すぎるよ神谷ちんこ可愛(ry
 とにかくアホな話を読みたい方は是非これを。個人的には春抱きと並んでBLマンガ界の二大トンデモSFホモに認定。しかし、酷い感想ですね! ちんこちんことなんてお下品な!


◆ペット・お仕事中(大和名瀬/BBC)

 イイ男だらけの独身寮のペットになった男の子の話、なんてふれこみから、アホエロもしくは逆ハーを想像しましたが、出てきたのはそのどちらでもない癒し系ラブ。面白かった! 丁寧な画面処理に同じく丁寧な心理描写にと、これは実にいい少女漫画ですね。遅々としているけど工藤と瑞貴の関係が進んでいくのにニヤニヤします。このともしなくてもイタい設定&一歩間違えばウザくなる健気受けで、イタさもウザさもほとんど感じさせないコミカルさ加減が素敵。二人を取り巻くあれこれがほほえましいので、実に癒されます。なんでこの人のコミカルってこんなに可愛いんでしょう。さあ恋~の弟ズほど強烈な可愛さはないですが、全体的にほえほえする可愛さ。いいな~いいな~。
 満足満足。普段は猫耳少年萎えな身ですが、いやらしくない猫耳少年はとてもいいと思います。SBBCでのコミックも楽しみ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/237-1f0751b7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。