(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 3/25~4/1の読書感想です。

 先週分のがないのは単純に1冊も読了してないからです。怠惰で本当にごめんなさいorz とりあえず3冊読んでリハビリリハビリ。

 3月の読了:26冊
 3月のオススメ:断章のグリムⅢ・Ⅳ 人魚姫(甲田学人/三日月かける/電撃文庫)


3/30 フルメタル・パニック! つどうメイク・マイ・デイ(賀東招二/四季童子/富士見ファンタジア文庫)

 一年ぶりのフルメタ長編。新地での立て直しがメインで話はそれほど進まなかった前回とは違って、今回から本格的にアマルガムへの巻き返しがスタート。面白くないわけが無い、と思って読んで、やっぱり面白かったです。序盤の痛々しいテッサから、エピローグに至るまで、気を緩めていいところなんて一瞬も無い。もう萌える燃える。作者のいいように踊らされてますよ。BMG冒頭やあの短編がちゃんと伏線だったことに驚き、中盤の展開に心ゆくまで燃え、そして終盤の宗介とかなめのアレに萌えて燃えて泣く。ああもう最高。ロボット戦は相変わらず面白いですし。というかアル! アル! 何この萌えて燃えるA.I。お前そんなに燃えキャラだったか!
 元々面白いシリーズでしたけど、OMO以降ますます面白くなってくるなぁ。次からは書き下ろしになるそうで。期待するしか。

【評価:★★★★】


4/1 旋風天戯 ~出逢ってはいけないふたり~(瀬川貴次/明治キメラ/集英社コバルト文庫)

 あとがきで作者が言っている通り、ベタ。特別な能力を持つ主人公に呪われた青年に占いでの予言に、運命の二人、といっそすがすがしいくらいの直球でした。今時これはある意味逆にピンポンかも。別に直球で王道だからって、「ありふれてる」や「ご都合主義のオンパレード」とは思いませんでしたし。ストーリーはまだ始まったばかりですが、今の段階では特に酷い場所が見つかることもなく、手堅い出来。キャラと掛け合いはいい感じに軽快。でも個人的には特に惹かれるものは無かったです。ベタとか直球とか好きだけど、うーん、何でだろう……。中華がそれほど好きじゃないからかしら。
 特に悪いところは無いですが、同様に惹かれるところも無かったので、次は買わないかな。あと表紙見たときから思ったけど、これ何て神田@Dグレ? まあ明治キメラだしな……あの人たちもいい加減オリジナル書けないよなぁ……。


4/1 家庭教師ヒットマンREBORN! 隠し弾・1 骸・幻想(子安秀明/天野明/JUMPjBOOKS)

 ジャンプ漫画のノベライズとか、西尾以外のだと初めて読んだかもしれない。
 子ディーノ、ビアンキ&シャマル、ベル&ハル、黒曜の4本収録。各所で文章が微妙とか擬音が……とか言われてましたが、確かに納得。今時ラノベでもめったに見ないよ、こんなタイプの文体。とはいえ、それを除いたら割といいノベライズなんじゃないかと。キャラ改変なんて最悪の事態にはなってないし。ディーノの話は原作の掘り下げとしてここでやっとくのが正解だと思います。話自体もなかなか。個人的にはベル&ハルの話が和むー。ハル萌え。ビアンキ&シャマルも、ディーノと同じくもう今の原作の段階ではやれない話ですし、いいんじゃないかと。黒曜のも同様。骸=純粋悪の立場をはっきりさせたところも価値はあったかと。最近同人誌のアットホームな骸に慣れていたところですし……。ただ叙述トリックはああもあからさまにヒントを出すのはどうかと。あんな分かりやすい叙述トリックは無いって。
 原作ファンじゃなきゃ特に読むことは無いですが、原作ファンなら読む価値はあるかと。

【評価:★★★】
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/255-3feae32f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。