(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ひどい! って言うほどじゃないけど……うーん……。

『デキる男の育て方』(森川智之×柿原徹也、立川慎之介etc……)


 感想は下に。


 内容は原作1巻の内容を音声化したもの。ちんつぶが面白くて、同じレーベルなので期待していたのですが……うーん。
 大和名瀬の設定や物語って基本的にお約束で出来てるんですよね。で、そのベタゆえの安心感にプラスして丁寧な心理描写・画面作りで読ませている。それは重々承知しているつもりだったんですけど……ドラマCD聞いて、ああ期待しすぎていたんだなあ、と。悪くはない、けど全体的に淡泊すぎます。何しろ展開が(たとえ原作を読んでいなくても)先が読めそうなものなので、そこを韓国ドラマばりの演出でカバーして欲しかったです。モノローグはちゃんと入っていたので、もっとベタを! 演出を! そこがしっかりしていたら、平坦とは感じなかったはずなのに……。


 キャスト。とりあえず森川はさすがBLの帝王(そして初物食い)だなあ、と実感しました。役にあっているし演技が安定しているしで、安心して聴けます。さすが頭翅様だぜ! 対して(ベテランと新人を比べるのはあれだけど)、柿原はまだ新人だなあ、と。本番中は思ったより気にならなかったけど、普段の場面で、あれっ? て思うことがしばしばありました。声自体はいいし合ってると思うので、これから次第かな。立花慎之介は初聴きでしたが、普通によかったです。山崎にピッタリだ。しかし、山崎はやっぱり男なのか……orz


 微妙に不満の残るCDでした。個人的にはこれを聴くよりは原作を読んで欲しいかな。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/383-2a2ff596

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。