(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 これが乙女ゲーの文法なのか……。


 『金色のコルダ divertimento』(谷山紀章、伊藤健太郎、森田成一、岸尾だいすけ、福山潤etc……)


 『Happy Time』聞きたさに借りた1枚。ドラマ部分まで、自分はなぜ録ったんでしょうか。
 内容は各見習いファータの騒動を交えつつ、各キャラの音楽と主人公への想いを再確認した、というもの。うんまあ、ファータかわいいよファータ。リリは正直かわいいというにはうざ(ryだったけど、このファータたちは素直に可愛かったです。特に下屋ファータと松岡ファータがもうね、たまらん(名前覚えてやれよ)しかしファータのゲストに進藤尚美とか豪華ですね。ファータの騒動は王道というか、特に言うことはなし。というよりも多分これはファータの騒動よりも、そこに付随する各キャラの主人公への想いを楽しむものなのでしょう。そこで評価別れると思います。
 私にとっての問題は2つ。1つは、1つながりの物語であることが前提にあって、その上で攻略対象のキャラ全員が主人公に想いを寄せている状態、ぶっちゃけると逆ハー状態になっていること。2つめは元が乙女ゲーゆえ、その中心となる主人公の姿は示されてはいるけど表には出てこないこと。つまり中心地にいる主人公が存在しているだけというか、輪郭だけあって中身がないというか……。そこに自分が入るための空席が最初から用意されている状態なんですよね。そこに違和感を覚えずすんなり入って萌えられたら勝ち。私は……キャスト欄に高木礼子がいなかった時点で変な感じはしていましたが、最後までキャラ×(→)自分に萌える事は出来ず。多分この感覚が馴染めないから乙女ゲーやってないんだよな、私。でもこれはこれで新鮮な経験でした。乙女ゲーのドラマCDってこうなるのか……。
 他。とりあえず空気先輩出番あってよかったね! なんだろう、感動が……。冬海ちゃんは本当にかわいいなぁとか思いながら、黒柚木様の出番の少なさに絶望した! あれがあってこその柚木先輩だろうが! それと内容はゲーム開始結構時間が経過しての事らしく、そのおかげで月森がツンデレを通り越してよく分からない人になっていました。アニメの頃から月森がよく分からん……。
 あとメインキャストがアイキャッチ(という名のミニドラマ)にてファータをやっていたのですが若本がいた。いや正確には若本モドキがいた。深いことは言いません。これはわりといい試みだったと思います。本編で演じているキャラとのギャップが面白かったです。


 乙女ゲーには普段触れない人間なので、新鮮な経験が出来てよかったです。が、おかげでやっぱり自分に乙女ゲーはあまり合わない事を実感しました。そしてお目当ての『Happy Time』はやっぱりいい曲。と思ったら作曲黒須克彦か! この人こんなところで仕事してたんだ……。遙かの影山・飯塚といい、コーエーの人脈がわからない……。

 『fantasmagoria』の方も聞いたので、なるべく早く感想UPしますー。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/456-bb3a83d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。