(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 うーん……なんでこれ高木礼子がいないの?



 『金色のコルダ fantasmagoria』(谷山紀章、伊藤健太郎、森田成一、岸尾大輔、福山潤etc……)


 前回に引き続いてコルダのドラマCD。発売はこちらのがdivertimentoより先ですが、ストーリー的にはむしろこちらのが後という。おかげでちょっと混乱しました。事前に調べとくんだった……。ちなみにこれもキャラソンと抱き合わせです。さすがコーエー。
 ストーリーはファータの探し物を各キャラが探す、というもの。そこに乙女ゲーらしく主人公への感情を織り交ぜたもの。今回はちゃんと主人公=日野香穂子が明示されていたので聞きやすかったです。ドラマCDを聴く視聴者が感情移入じゃなくて、実際に物語に組み込まれるのってやっぱり何か違う気がしますし。まあそれが乙女ゲーであるといわれたら反論できないので、これはこれでアリなのでしょう。ラストの水上の音楽は音で聴いていても情景が浮かぶみたいで良かったです。綺麗。
 ただ今回ははっきりと『日野香穂子』の存在が明示されているというのに高木礼子の声が入ってないという妙な事態になっていて(たとえばキャラが「日野」と呼んでも返事が返ってこない、でもそれが当然のこととなって話が進む)そこに混乱することがしばしば。というか前回の主人公の不在は乙女ゲー、ネオロマンスという本質ゆえのことだと一応理解できていましたが、今回は前回と異なり視聴者が介入する余地はないので、正直手抜きというか、不備にしか思えなかったとです。この話なら、高木礼子出して主人公の存在を確立させた方が自然だったんじゃないかと。
 キャラについては色々な一面が見れて良かったです。動揺する月森にちょっと萌えた。相変わらず冬海ちゃんはかわいい。むっちゃ可愛い。そして相変わらず空気先輩は空気。フリートークの小西の発言が切なかったよ……。黒柚木様が今回もあんまりなかったよ! もうね、黒柚木様分が少ないコルダなんて(ry
 あとアニメ見ていたときはぶっちゃけ苛々していた志水の喋りがドラマCDでは少し早くなっていて、なんか……あの朴訥とした口調に萌えた……かもしれません……。でも苛々しなくなった訳ではないので、苛々と萌えを同時に感じることに。恐るべしヤマジュン。
 フリートークはなんかみんな楽しそう。水橋かおりの地声・素の喋りが可愛いです。こんな感じなんだ~。本編でのキャラとの乖離が激しい人もいるけど、これもまあフリートークの楽しみの一つだよね!ww


 コルダのドラマCDを2つ聴いて、私はこういう手法のドラマCDは真には楽しめないのかなぁ、という結論に。別にドラマCDの出来が悪いってわけじゃないですし、ゲームやっていたのなら違ったのかもしれないけど、アニメしか知らないからねorz PSPで出てるんだっけ? でもPSPよりもDSが欲しいな。
 あと曲なんですけど、正直キャストみんなが歌上手いってわけじゃないんだから(というかネオロマ作品の中でもキャストの歌唱力の平均値は一番下な気が(ry)もうちょっと修正とかエフェクトとかかけてあげようぜコーエーさんよ。いや『うたかたのオペラ』くらい突き抜けていたらそれはそれで面白いからいいんですけど。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/458-789841bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。