(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
◆少年は、二度太陽を殺す 永久を誓う絆(和泉朱希/角川ビーンズ文庫)
◆コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE-3- SWORD(岩佐まもる/角川スニーカー文庫)
◆ブギーポップ・クエスチョン 沈黙ピラミッド(上遠野浩平/電撃文庫)
◆タザリア王国物語Ⅲ 炎虐の皇女(スズキヒサシ/電撃文庫)
◆<本の姫>は謳う1(多崎礼/C・NOVELS Fantasia)
◆LIAR-GAMEⅡ~Ⅵ(甲斐谷忍/YJコミックス)
◆純情ロマンチカ3(中村春菊/あすかコミックス CL-DX)
◆生徒会長に忠告2(門地かおり/Dear+コミックス)
◆連れてけ天国(大和名瀬/花音コミックス)


 ラノベ新刊購入ー。太陽はこれで完結、と。人気云々は置いといて、これくらいの巻数で完結してくれて良かった。ビーンズ引き延ばしの罠にかからなくて良かったとです。っていうかタザリア出たよ!
 そして去年1巻買っただけだったライアーゲームを全巻購入。これから弟に交渉してダイアのAを全巻買ってもらおうと思います。私はおお振りかぼくらのを全巻買おうかな。


◆LIAR-GAMEⅡ~Ⅵ(甲斐谷忍/YJコミックス)

 2回戦~敗者復活戦~3回戦まで。お、面白いー! 1巻から失速したらどうしようかと思ってましたけどむしろアクセル全開だよ!
 個人的に化けたなぁと思ったのは3巻の敗者復活戦から。2回戦も(主にラストが)面白かったんですけど、秋山不在でナオにようやっと主人公がかかる敗者復活戦からが良いのです。やっと! やっとあのアホの子が主人公らしく活躍できるようになったよ! ハッピーならそれでいいよねってラストが素敵。4~6巻までかけた3回戦は(正直もう少しつづめられないかなぁとは思いましたが)ヨコヤの存在が良いです。今まで頭脳戦に関しては秋山の一人勝ち状態だっただけに、対等のレベルの相手との頭脳戦は見ていて実に面白いです。一筋縄ではいかない相手との密輸ゲームにぞくぞく。そうそう、私が見たかったのはこれなのよ! 私の頭じゃ全く読めない展開といい、ちゃんと主人公らしくなったナオと逆に弱さを見せるようになった秋山との関係といい、最高。
 ホントなんとなく手に取った作品なんですけど、正解でよかった。弟が年末のドラマ再放送にはまっていたんですけど、そっちのほうもちょっと気になる。内容というよりフクナガをどうしたのかが。


◆純情ロマンチカ3(中村春菊/あすかコミックス CL-DX)

 一端ドロップアウト宣言をしておきながらあれですが、アニメ化ということで再度買いなおしてみました。なんか毎回どちらかがクライマックス展開になっている気がしないでもないのですが、まあいいか。
 さて話はというと、買ってよかった、盛り返してたよ……。エゴイストの方は二次創作でよく見る風邪引きネタ&ヒロさんの過去話、と面白くはあったけど普通な感じ。とりあえず野分は萌える。そしてベタだけど「手ぇつなげ」はかなりきました。しかしヒロさん、ツンデレなのに意外と下半身軽いよね。いや、エゴじゃないんだ。今回はそれよりもロマンチカがやばい。初デートは妙にずれた感じにキュンキュン、そこから井坂に兄ちゃんと第三者の介入による波乱続きの展開はなんだかんだで盛り上がります。ラストの駅のシーンとかベタだけど、イイヨーイイヨー。久々に買った割には愛着持ってます。多分それくらいにキャラが魅力的なんだと。
 発表されたキャストから鑑みると、ロマンチカはこの話でクライマックスかな? なんにせよ、楽しめてよかったー。しかし、いまだにテロリスト出てないんですけど。


◆生徒会長に忠告2(門地かおり/Dear+コミックス)

 この前藤井あやのコミックスにも同じ言葉を使った気がしますが、エロかったー! エロエロだったー! 半分くらいがそういうシーンだった気がしますよDear+なのに! Dear+の限界を見たというかここまで出来るんだったら何故是があんな中途は(ry
 ストーリーはHしちゃったり今まで国斉を狙っていた同級生・雛森が現れて一悶着起きたり知賀がセクハラしていたり山城先輩が良くわからない人だったりとりあえずHしちゃったり。いやだってこれ本当にヤってばっかなもんで、H抜かして語れない……。雰囲気といいアングルといい濃やかな描写といい、これはとてもよいエロ漫画。門地かおりの絵ってなんとなくえろいよね。しかし病院の個室でHし始めた時はさすがにポカーンでした。高校生とはいえ盛りすぎだよね! もうちょっと理性働かせるべきだよね! ……え? ストーリー? やだなぁこんな開き直ったエロ漫画に何を求めて(ry とりあえず二人の仲は進展していた気がするけどそんなことは別に良いのです。ただひたすらエロく。それがこの漫画のジャスティス。あ、でも近藤は良いキャラだと思った。あと国斉はなんで生徒会長やっているのか。いくらBLとはいえ生徒会長らしい仕事をほとんどしてない生徒会長キャラって初めて見た気がするよ!
 ということで、やり手でスマートな後輩×イモな先輩に萌えてエロ展開を楽しめる方にはオススメ。ストーリーとか気にしたら負けです。個人的には割りと好き。


◆連れてけ天国(大和名瀬/花音コミックス)

 ブックオフにあったのでなんとなく購入してみた作品。お寺の息子×幽霊が見える主人公。幼馴染! 幼馴染! 大和名瀬らしく清々しいまでのベッタベタ展開なんですけど、さすがに初期作だけあって描写の濃やかさは最近の作品に比べると感じられず。うーんこれは仕方がないか。でもちんつぶのようにぶっ飛んだ設定というわけでもないので、そこら辺の粗が浮き彫りになってしまうのが残念。ベタだと割り切って読めば、割と面白いのは事実なんですけど。。
 ……いや違う。言いたいことはそういうことじゃないんです。この話、全体的にコメディちっくに進むんですけど、出てくる幽霊が不釣合いに怖いってどういうことー!? 上半身がちぎれた男幽霊のはみ出た腸とか描かなくていいから! 首がやたら長い首吊り女とか描かなくていいから! 無駄に力入れて描かなくていいから! そこは、そこは手を抜いていいんだよ大和名瀬。シリアスなムードの話だったら怖くもなんともないのに、こんなほわほわした雰囲気であんなの出てこられたら怖いです。覚悟してなかったからちょっときつかったです。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/484-4723f9d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。