(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 うーん……。


 『咎狗の血 Image drama CD vol.2』(先割れスプーン、何武者、鬼龍院隼人、一条和矢etc……)


 感想は下に。


 ドラマCDケイスケ編。その名のとおりケイスケルートをケイスケ視点から綴ったもの……といえば聞こえはいいですが、身も蓋もない言い方をすると原作のケイスケルートの流れに沿って場面場面におけるケイスケのモノローグを抜き出して並べたもの。原作未プレイでこのCDを聞く人はほとんどいないと思いますが、ストーリーが断続的(つかこれ、ストーリーとしての体を成してすらいないような)で、原作の補完的な意味合いが強いので、未プレイ状態で聞くのは全くオススメ出来ません。多分聞いてもイミフなんじゃないかと。
 じゃあ原作プレイ済みの状態で聞いたら面白いのか、と聞かれると……個人的には微妙かなあ。原作のシナリオライター≠ドラマCDの脚本家である以上、元のルートとドラマCDでのモノローグに齟齬を感じるのは仕方ないと思いますが、ケイスケ全然成長してないじゃん。いや、お前それはさすがにダメだろ……。成長の一切感じられないラストのモノローグに唖然。原作ラストの、(違って当然かもしれないけど)nルートのケイスケはどこー!? これはちょっと許容範囲超えてました。こんな萎えモノローグするより、モノローグなんてなしにアキラとケイスケの過去話を増やしてほしかったな……せっかくの幼馴染みなんですし。
 あ、でもケイスケが洟すすって泣いてるところは萌えた。何武者GJ。


 キャストは相変わらず神。ただ、源泉の喋りが原作とちょっと違ったような……? バラエティーボイスではそんなこと思わなかったんですけど。


 うん、まあ、なんていうか、ケイアキは自分の妄想か同人誌で補完した方がいいのかな……。この出来なら、同じ製作会社から出たシキアキ編はパスでいいか。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/485-29edf062

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。