(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 これは良かった……。マリンGJ。

 『咎狗の血 ANOTHER STORY ~RIN』(先割れスプーン×鬼龍院隼人、緑川光、何武者、一条和矢etc……)


 詳しい感想は下に。


 咎狗のドラマCD3弾目はリン編。リンルート信者の私でも言おう。……なんでこの話? 正直、やるんなら源泉ルートな気がするんだけど……。


 それはさておき、製作会社を変えて出したこのCDの内容は、原作のリンルートからエピソードを大胆に削ったり加えたりして再構築したもの。ただ原作の流れに沿ってモノローグを抜き出しただけだったケイスケ編とは違って、こっちは原作ではなかったエピソードを加えた上で1時間ちょっとに収まるようにあれこれと手を尽くされていて、個人的には納得のいく出来でした。そうだよ、やっぱりドラマCDという媒体になる以上、原作読まないとイミフだったりドラマCDの脚本家≠原作のライターなのに脚本が踏み込んではいけない領域に入っていたりとかそんなことがあってはいけないのだよ! 原作会社から離れたところが作るドラマCDが出していいのは原作のシナリオからは直接関係ないオリジナルエピソードなんだよ!
 リン編らしくリンに焦点を当てて再構成されているので、他のキャラのエピソードとかは大胆にはぶられています。原作の共有ルートが20分もせずに終わったのにも驚きましたし、何より猛が存在しないのにビックリだ。小池竹蔵の声がないよ! 正直はしょりすぎだろ、と苦笑しましたが、これくらいバッサリやらないと1時間ちょいに収めるのは不可能なのでまあいいか。オリジナルエピソードであるカズイとの過去の話は聞きたかったので普通に満足。王戦が原作どおりじゃなくてちょっとしょぼく感じたりとか(これは原作もそうな気がするけど)リンの心変わりに時間割けられなかったのかなぁとか不満もありますが、あの話を1時間に収めなければならない以上そこら辺はやむなしですね。EDのSTILLはやっぱり泣けます。
 あ、でも黒スケと対峙している最中にいきなり処刑人が出てきて噴いたww 今まであんまり出番なかったからってこんなところで出張らなくてもwww そしてなぜかグンアキ(未遂)に流れて噴く。アキラ受け分を少しでも増やすというニトキラの意地か。


 キャスト。カズイ役の平川大輔(表名義でビックリした。平井さんじゃないのか)はちょっとイメージ違ったかも。もちっと細い声かなーと思ってた。まあ優しそうだったので良し。
 あとアキリンにつき鬼龍院さんが喘いでいたんですけど……ごめん、高すぎて萌える前に謝りたくなった……。宮田だとあれはあれで(萌えはしないけど)OKなのに何故。らぶらぶHのはずなのになんか痛々しいんだよ……。世の男性声優様、腐女子なんて人種がいてホントすみません、という気分になるorz


 まあ、なんだかんだで満足です。ちゃんと1つのドラマCDとして成り立っているので、これなら宣伝用に未プレイの人に勧められます。ケイスケ編もこうなってたらなー……。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/486-a626454b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。