(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 ありえないほど遅くなりましたが、2/29にabingdon boys schoolのライブに行ってきましたー! 場所はZepp Tokyo。初めての……じゃねー! 1ヶ月前に行ったってここ。この前の名古屋E.L.L.と違って、ちゃんと外観からしてライブハウスしてました。といっても箱はここか名古屋かしか行ったことないので、どうとか言える立場じゃないのですが。
 今回はmixiでFCチケットを余らせていた方から譲り受けての参加でした。詳しくは下で書きますが、驚異的な番号。いやほんと、ミラクルとしか言いようがないわ……!

 始まったのは6時30分くらいで、終わったころは8時30分すぎでした。意外と長くやってたのねー。


 詳しい感想は下に。


 abingdon boys schoolのライブは元々行ってみたいなーと思っていて、ちょうどmixi見ていたらFCチケット余らせている方がいたので譲っていただいたところ、なんと2×番という驚異的な数字が。ちょ、おま、私にわかもいいところなんですけど……! こ、こんな数字もらっちゃっていいのかしら、と見たときは瞠目しました。

 ということで、バイト上がってZeppに着いた時にはもう開場寸前。間に合ってよかったです。番号呼ばれてから会場に入るまでタイムラグがあることなんて多分もう二度とないでしょう。ドアが開いた瞬間、入り口に向かって走り出す人が多くて、私の後ろの人が大きい声で「番号関係ないじゃんーありえないー」とか愚痴っていました。正直、どっちもありえないと思いました。

 神番といえど、さすがに最前のバーに位置取る気力はなかったので、駆け足でバーを確保する人たちを横目に2列目中央のバーを確保。入る前にもらっていたペットボトルもここにかけておきました。今思うと先に飲み物もらっておいてよかったと思っています。

 いつ始まるのかなーいつ始まるのかなーと周りの方と話しながら待っていたところ、会場が暗くなり『ReBirth+ReVerse』が。ここで既に私の本命がー! 会場がざわめいたところで、『As One』のイントロが流れてメンバー登場。一気に始まるモッシュ。うは、今までそれほど前にいなかったから初体験ですが、これはきついww バーキープするのに精一杯でした。さすがに終盤は離れましたが。バーがあった方が盛り上がるのに楽でいいかなーと思っていましたが、これはもうバーないのと大して変わらないですね。いやモッシュ自体は好きなんで別に良いですが。
 その後も『HOWLING』、『DOWN TO YOU』ともはや最初っからクライマックス状態です本当に(ry いやもう、楽しみにしていたんですけど、『HOWLING』の盛り上がりっぷりは異常。

 私はTM.Revolutionのライブも行った事のない人間なので西川貴教を見るのは初めてだったのですが、……ほ、ホントに小さかったです。前述のとおり2列目にいたのですが、前の高台に乗り出してくれないと前の人の大きさによっては全く見れなくなってしまうくらい。これはファンなら最前列取るわ。顔は凄い整っていてうおー芸能人だー! なんて思ってしまうくらい綺麗(そしてびっくりするほど風の似合う人)だったのですが、私は整いすぎた顔立ちの方は逆に怖く思えてしまう人なので、そういった点では柴さんのがツボでした。あれで30越えとか詐欺だー。
 あと本人関連でもう一つ。MCが面白かったです。例えばこの日は2/29、つまり閏年だったのでそれに絡めて、トークしている最中、
ファン「今日私の誕生日ー!」
西川「うっせえんだよ! テメーの誕生日ごときと俺らのツアーファイナル一緒にすんじゃねえよ!」
 なんてひとしきり罵倒した末に、
西川「……うん、でも誕生日おめでとう」
 な、なにあのリアルツンデレ……!
 他にも自分がキザっぽく格好いいこと言った後、各メンバーにコメントを求め、
SUNAO「格好いいこと言えないけど、」
西川「いや、格好いい事じゃなきゃダメだよ」
 な ん と い う ド S。

 さて歌の方に戻りますが、もともと激しい曲調のものが多かったので、最初だけでなくほぼクライマックス状態でした。何度も言いますが前の方にいたのでモッシュもあり、また前の方だけあって酸素も薄く、ぶっちゃけて言うと酸欠寸前状態。実際酸欠でライブ途中に倒れた人が廻りに何人かいました。事前にドリンク交換していなかったら私も倒れていたことでしょう。自分の判断に感謝。っていうかこんなに酸素薄い空間にいたの初めてですよ! ちょっと死線が見えたよ!
 ということで、盛り上がったことは盛り上がったのですが、さすがにコールはほとんどできず。『DOWN TO YOU』や『DESIRE』とかコールできるところは一杯あったのに、惜しいことしたなぁ。でもその分きっちり腕振り・ヘドバンで盛り上がってきましたー! 分かっていたけどシングル曲の燃えっぷりは凄いものがありました。というかそんな曲ばっかり連続でくるんだもの、殺す気かぁ! いやまあ、『Via Dolorosa』や『Nephilim』など落ち着いて聴ける曲もありましたがね。その中だと『Nephilim』が良かったです。CDでは正直それほど来なかったので余計に。生は違うわ。
 一番良かったのは『LOST REASON』かな。ここはアルバムverということで、なんとMICROがゲストに登場。プロによるラップつきということで盛り上がりは最高潮。もうすっごい格好よかったです。ここばかりは酸素薄い状態に耐えながら夢中でコールしていました。MICROはこのファイナルのみのゲストだったらしく、正直それを聴いてガッツポーズ。ちなみにMICROですが、……西川よりも小さかった……。名は体を現していました。西川がおっきく見えたよ!
 終盤の『stay away』~『INNOCENT SORROW』までの流れはまさに疾風怒濤。あんな盛り上がるナンバーまだ持っていたなんて……! 恐ろしい子!

 アンコールはなんと『ドレス』から。持ち曲少ないからやるだろうなとは思っていましたが、このセトリは予想外。途中か、アンコール前ラストかなーと思っていただけにビックリ。あとここかその前後で西川がギター持っていてこれにもビックリ。弾けたのか……!
 その後の『Sweetest Coma Again』は今回唯一知らなかったナンバー。アルバムもC/Wもチェックしていたのですが、さすがにLUNA SEAのカバーやってたことは知らなかった……。私のミスですかそうですねorz
 ラストは『アテナ』。予想通り爽やかな曲で〆と。最後の最後で盛り上がれて本当に良かったです。これで体力はゼロになったよ。


 書くの随分遅れちゃいましたが、楽しかったのは本当。チケット譲ってくださった××(一応名前は伏せておきます)本当にありがとうございました! もうあと2,3年はこんな良番めぐってこないことでしょう。
 実はこのツアー終わったら活動休止するんじゃないかなーと不安だったのですが(何せソウルイーターのOPがTM.Revolution)MC聴いたら全然そんなことはないらしく。5月にも対バンライブやるそうで。そちらは行けませんが、まだまだ精力的に活動してくれるみたいで嬉しい限りです。次会ったらきっと行くよ!

 セットリストは下に。



01.As One
02.HOWLING
03.DOWN TO YOU
04.NERVOUS BREAKDOWN
05.Via Dolorosa
06.DESIRE (SUNAOソロ)
07.BLADE CHORD (柴崎さんソロ)
08.Desert Rose
09.Nephilim
10.LOST REASON
11.stay away
12.Fre@k $HoW
13.INNOCENT SORROW

【アンコール】
01.ドレス
02.Sweetest Coma Again
03.アテナ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/526-7b33a4c3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。