(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 読書メーターさんいわく、1週間分ないしは1ヶ月分の読書をまとめてくれるそうです。ということで活用活用。

 こちらはたまっている1ヶ月分です。これからは週一で感想をまとめておこう。
 見たい方は下を。しかし全部漫画とか、どんだけー。あ、一般もBLも込みです。というかBL読みすぎだ、私。

 2008年12月の読書メーター
 読んだ本の数:39冊
 読んだページ数:2656ページ



■TISTA 2 (2) (ジャンプコミックス)
たった2巻でしたが、凝縮された物語を読ませてもらいました。2巻はティスタの過去含め色々と詰め込まれていて、話の奔流に振り落とされないようしがみついていた部分もあったのですが、それも含めてラストの展開は凄く良かったです。そうするしかなかった少女がどうしようもないほど追い詰められていった末にたどり着いたのが希望を見出せるラストで本当に良かった。これが新人とかかなりビックリだわ。
読了日:12月31日 著者:遠藤 達哉
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088745701

■TISTA 1 (1) (ジャンプコミックス)
読了日:12月31日 著者:遠藤 達哉
http://book.akahoshitakuya.com/b/408874490X

■BLコミック 恋する言葉。Perfect Bible
漫画の名台詞とは概ねそこに至るまでのストーリー込みで名台詞足り得るものであり、別に台詞だけ抜き取られても……というツッコミは(正しいけど)野暮なんでさておくとしても、さすがに作品の幅が狭過ぎてにんともかんとも。基準も曖昧だし、こういう本作るならもっと幅広く拾うべきだと思いました。
読了日:12月30日 著者:恋する言葉。委員会
http://book.akahoshitakuya.com/b/4778035038

■タイトロープ (ディアプラス・コミックス)
うむー、あほの子攻めも男前受けも好きだし、絵も話もスッキリまとまっていて読みやすいし、決して外れではないんだけど、どーもツボにははまらず。ヤクザなのにほのぼのなんて!という私の価値観の狭さが原因かしら。短編の2作は良かったんで、「どうしようもないけれど」はちょっと気になる。
読了日:12月29日 著者:夏目 イサク
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403662323

■少年よ耽美を描け―BOYS BE TANBITIOUS (2) (UNPOCO COMICS) (UNPOCO COMIX)
相変わらずアホwww BLのあるあるとキャラのぶっ飛んだ行動と、両方で笑わせてくれる4コマ漫画は珍しいなぁw 主人公陣は潮以外どう頑張っても萌えないのですがw それを取り返す勢いで仁科×ナルすぎて噴いたww 何この斜め上からの萌え投下w 仕方ないとはいえ、1年1冊なのは惜しいなぁ。
読了日:12月28日 著者:ミキマキ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4403670598

■天才ファミリー・カンパニー 6 (6) (幻冬舎コミックス漫画文庫 に 1-6)
完結。強烈過ぎるほどに強烈なキャラたちにジェットコースターというにふさわしいストーリーテリング、まとめると実にいいエンタメ漫画でした。ラストは思ったよりあっけなかったけど、それ以外は本当に読み始めたら止まらない面白さで、買ってよかったです。個人的にはのだめより好きかも。あー面白かった!
読了日:12月27日 著者:二ノ宮 知子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344815327

■天才ファミリー・カンパニー 5 (5) (幻冬舎コミックス漫画文庫 に 1-5)
読了日:12月27日 著者:二ノ宮 知子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344815319

■センチメンタルガーデンラバー (MARBLE COMICS)
ぬこかわいいよぬこ。っていうかなんでぬこのままいてくれなかったんだ……orz BLに何言ってんだという話ですが、正直ぬこでいた方が好きでした。雰囲気漫画と見せかけて内容はしっかりあるし、不良少年×古本屋の話は良かったですが、個人的にはこの前別の出版社から出た単行本の方が好みかな。
読了日:12月26日 著者:小椋ムク
http://book.akahoshitakuya.com/b/4904101359

■饒舌な試着室 新装版 (ビーズラビーコミックス)
スーツ! スーツ! 全体的に知的で大人っぽい雰囲気が漂うBL(というかML?)ですが攻めがいいわんこ系なので気兼ねなく萌えられました。ストイックなのにふしだらな感じの受けも良く、B's-LOGは良い漫画を復刊してくれました。同時収録の兄弟ものも良かったです。二卵性双子ってあんまり漫画じゃ見ないなあ。
読了日:12月26日 著者:鳥人 ヒロミ
http://book.akahoshitakuya.com/b/475773736X

■大奥 第4巻 (4) (ジェッツコミックス)
お万の方にいたるまでの過程が心に響いて、そこだけ見れてもよk……綱吉怖えええええええ! ただの悪女どころかものすごい悪女がおるぞ! ちと展開の早さが気になったけど(家綱編もう少しゆっくり読みたかった)どこを向いても一筋縄でいかない人しか居ない綱吉編にぞくぞくさせられたので全然OKです。
読了日:12月25日 著者:よしなが ふみ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592143043

■麗人セレクション懺悔 (バンブー・コミックス)
これはいい親父漫画。初田しうこの絵が上手いのは知ってましたが(個人的にはこの頃のが好きかも)親父を格好よく描けるとは思ってませんでした。そんな親父の出てくる表題作がセンチメンタルで一番良かった。あとの話も面白かったけど、自分の理解がおっつかない部分があったかな。っていうか『君さえいれば…』の奈々子さんが良い人過ぎて別の意味で切なかった……。
読了日:12月24日 著者:初田 しうこ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812452120

■クロノクルセイド (Vol.1) (ドラゴンコミックス)
王道少年漫画。面白かったー! キャラがイキイキしてるしシリアスな話・設定と掛け合いの軽妙さのバランスも良い。シスターに銃火器って設定がそもそもツボなのでバトルも見応え十分。お金が出来たら続きを買いに行こうっと。
読了日:12月24日 著者:森山 大輔
http://book.akahoshitakuya.com/b/404926143X

■夢を見るヒマもない (シャレードコミックス)
平均値はクリアしているけど、ユギ作品の割には微妙というか……。高校時代の話は良かったのに就職してからあれ?っていうか、吉武はいつ川村を好きになったんだろうというか……。語られない部分が謎過ぎてもやもや。とりあえずおすもうさんの団体は飛行機にとって一大事だというのは良い勉強になりましたw
読了日:12月22日 著者:山田 ユギ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4576061402

■最後の三月 (ダイヤモンドコミックス)
ネタは凄く面白そうなのに出来上がった作品はページ数他の問題で物足りない、って感じのものばかりでにんともかんとも。うまく書ければ本当に良さそうなネタばかりなのに、勿体無いなぁ……。あと絵が上手いだけに、グレスケは微妙。BLでグレスケはちょっと萎える。
読了日:12月22日 著者:つくも 号
http://book.akahoshitakuya.com/b/4790121313

■ヘタリア 2 特装版―Axis Powers (2) (BIRZ EXTRA)
個人的にこれはキャラに萌えれば勝ちという割り切ったキャラ萌え漫画だと思っているので、別にこれで満足。Web原作と最初から宣言してるものに鉛筆書き云々言うのも変な話だし。リヒテンシュタインかわいいよリヒテンシュタイン。しかしアニメ化とか、色々大丈夫なのかしら。
読了日:12月22日 著者:日丸屋 秀和
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344815351

■ラブミッション@ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
絵が上手く、短編の幅も広い。でも自分の好みとは結構ずれてるなぁ……。肉体的でえろいんだけど、なんだかAVっぽい……。表題作が一番好きかな。
読了日:12月20日 著者:鬼嶋 兵伍
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812470269

■素晴らしい失恋 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
初西田東。評判どおり、凄い良かったです。絵も別にデッサンが崩れてるわけでもなく、これなら全然OK。4,50ページの中に顕在的にも潜在的にも様々な心情・物語を詰め込んでいる感じで、読んでいておなかいっぱい。表題作と最後の話は白眉の出来。読み終わったあと、タイトルが凄い沁みます。
読了日:12月19日 著者:西田 東
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812467780

■知らない顔 (ビーボーイコミックス)
以前1冊読んだときに、(自分の中では)安定してるけど爆発力に欠ける作家さん、というイメージだったのですがそれは今回この本を読んでも変わらず。表題作よりも後の2編の方が個人的には好きかな。不細工特集はいいアンソロでした。そして歯医者ww
読了日:12月19日 著者:日高 ショーコ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4862634133

■その唇に夜の露 (花音コミックス)
愛憎劇。面白かったー! わりとベタな愛憎BLものだけど、過去も結末も最後の最後まで引っ張ってくれるのがいいです。過去に何があったのが、最終的に攻めはどうするのかにはらはら。本編はくっついたところであっさりENDマーク付けて、書き下ろしでその後を書く形式も好き。しかし、このタイトルは果たして合っているのか。
読了日:12月16日 著者:深井 結己
http://book.akahoshitakuya.com/b/4832284517

■ちんつぶ 3 (3) (MBコミックス) (MBコミックス)
再読。(商業誌としては)久々の新刊だけど、相変わらずの面白さ。この作品の何が面白いって、設定はあれなのに極めてまっとうなBLしていることだと思います。真面目なシチュになるたび設定が頭をよぎって笑いがwww 岩淵と神谷のじれったさは萌えるなぁ。
読了日:12月16日 著者:大和 名瀬
http://book.akahoshitakuya.com/b/4408434590

■エンドルフィンマシーン (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
これはえろい。そういえば麗人ってエロ度の高い雑誌だったねと再確認。リアルタッチな絵もそうだけど、シチュエーションとか凄いエロいよ! デビュー作(しかもデビューからコミックが出るまでかなり間が空いた)だけあって、どんどん上達していったのが分かります。ページ的に後ろの作品ほど読みづらい……。それを差し引いてもエロ萌えしたので満足。表紙の先生がものすごい萌える攻めでした。(追記)作者男ってマジですか!?
読了日:12月12日 著者:井上佐藤
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812467608

■もしも願いが (MARBLE COMICS)
なんとなーく和んできゅんきゅんする短編集。いい意味で薄味な話が並んでます。ギャグ色の強いタッチなので、読みやすく萌えやすい。……と思ったら1つだけ異色すぎてびっくり。面白かったのでいいですが、『バッドエンド』明示ってそれネタバレじゃないの……? カタログ名だから仕方ないのかな。
読了日:12月12日 著者:TATSUKI
http://book.akahoshitakuya.com/b/4904101235

■くおんの森 (1) (リュウコミックス)
どこかノスタルジックな本読みファンタジー。設定だけじゃなく画面もファンタジックなので、理詰めで考えるより感覚で読むタイプのファンタジーかな。ゆるい雰囲気も含め、後に残るものは少ないけど、読んでる最中は引き付けられたのでそれで良いんだと思います。
読了日:12月12日 著者:釣巻 和
http://book.akahoshitakuya.com/b/4199501045

■僕の愛の劇場。 (MARBLE COMICS)
かわいいなぁ。話自体はそこまでツボでもないし絵が好きだとか言うのもないのですが、とにかく攻めがかわゆすぎてたまらないです。これはいいへたれ攻め……! それだけで満足。
読了日:12月11日 著者:北別府 ニカ
http://book.akahoshitakuya.com/b/490267176X

■くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)
飄々としているようなつかみ所のないような、悪く言えば雰囲気漫画というか、そんなお話。鋭利なわけでもなく特に萌えるわけでもなく、正直表題作は微妙だったんですが、読みきりの高校生の話がリリカルでよかったので帳消し。しかし、この人の言語感覚はマジに取るべきなのか笑い飛ばすべきなのか判断に悩むな……。
読了日:12月11日 著者:ヤマシタ トモコ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4902671891

■スロースターター (ダイトコミックス)
昔の作品ですが、絵柄に違和感はあんまり感じなかったかも。全体的にシリアスで繊細的な感じで、ここ最近の田中鈴木のイメージとは違ったけど、個人的にはかなりツボな作品ばかりでした。対極的だけど、『明日の約束』と『めまい』のラストは残るものがありました。
読了日:12月10日 著者:田中 鈴木
http://book.akahoshitakuya.com/b/488653869X

■愛すべき娘たち (Jets comics)
女とはこういう生き物だ、という指示語を使えばニュアンスは伝わるけど上手く説明できない『こういう』の部分を物語を通じてはっきりと提示されたようで、読んでいて納得したり感情移入したりすることしきり。1話の冒頭が最終話で掘り下げられたのには唸ってしまいました。話的には、4話目が一番身につまされたかな。名言たっぷり。
読了日:12月10日 著者:よしなが ふみ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592132955

■ハチワンダイバー 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)
とにかく勢いが凄い漫画。この勢いと細かいことを言わせない迫力だけでも、読んでよかったと思える作品でした。しかしこのメイドさん体格がよすぎるというかふくよかというか……。
読了日:12月08日 著者:柴田 ヨクサル
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088771850

■ハッピーピープル 1 新装版 (1) (ヤングジャンプコミックス)
なんというか、根本的に読む畑の違う漫画だった……。ヤング○○連載の漫画で萌え要素ない、どちらかといえば中年以上の男性向けのタイプの直球を行ってる感じ。表紙はこんなんだけど、ハッピーエンドな話がそこそこあったのが意外。整形美人の話が、絵のおかげで全然美人に見えなくてある意味凄く面白かったです。
読了日:12月08日 著者:釋 英勝
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088755626

■レベルE (vol.3) (ジャンプ・コミックス)
再読。やっぱり凄い面白いわ。この意地の悪さが最高です。富樫はちゃんと漫画描けば文句ない漫画家なんだけどな……。
読了日:12月08日 著者:冨樫 義博
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088720733

■レベルE (Vol.2) (ジャンプ・コミックス)
読了日:12月08日 著者:冨樫 義博
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088720725

■レベルE (Vol.1) (ジャンプ・コミックス)
読了日:12月08日 著者:冨樫 義博
http://book.akahoshitakuya.com/b/4088720717

■黒薔薇アリス 1 (1) (プリンセスコミックス)
実に水城せとならしい作品。黒くてえぐくて昼ドラ過ぎて満足です。設定も展開も、よくここまで暗黒面に持って行こうとするなあ。まだ1巻なのにバッドエンドにしかなりそうにないよ! ただ、展開が早いなーとは思いました。
読了日:12月07日 著者:水城 せとな
http://book.akahoshitakuya.com/b/4253191916

■親愛なる東雲家へ (POE BACKS Babyコミックス)
何かのパロ同人を(その作品も知らないのに)延々読んでいる感じでした。個人的にはキャラが多すぎ、かつ何がやりたいのかばらけすぎで微妙かな……。
読了日:12月07日 著者:モチメ子
http://book.akahoshitakuya.com/b/4893935682

■このBLがやばい!2009年腐女子版 (Next BOOKS) (Next BOOKS)
読了日:12月07日 著者:NEXT編集部
http://book.akahoshitakuya.com/b/4776795167

■3月のライオン 2 (2) (ジェッツコミックス)
二海堂いいキャラだよ二海堂。松永さんの将棋に対する想いとラストの零くんの叫びが印象的でした。しかし、コメディとシリアスの比重に大した差はないはずなのに、読んでてダウナーな気分になるのは何故だ……。
読了日:12月04日 著者:羽海野 チカ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4592145127

■メンクイ! 2 新装版 (2) (ビーボーイコミックス)
な ぜ SF に な る。ことりと要は萌えたのは確かなんだけど、話は求めていたのとは違う方向に行ってしまった……。番外編の二人は萌えました。かわいいなぁもう。
読了日:12月04日 著者:田中 鈴木
http://book.akahoshitakuya.com/b/4862635105

■祈る人 完全版 (バンブー・コミックス 麗人セレクションDX)
基本はオーソドックスなBLで、良い話だと思うんだけど、ところどころが飛び道具すぎて(姉のあれとかSF短編とか)そっちの方が印象的だった……。しかしこの受けはわりとかわいいな。書き下ろしの絵柄に時代の流れを感じました。
読了日:12月03日 著者:深井 結己
http://book.akahoshitakuya.com/b/4812470145

■ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS) (Fx COMICS)
評判どおり胸糞悪い話ばかりでした(褒め言葉)面白かったしラストのあの顔にちょっとだけカタルシス感じられたけど、事前情報なしに読んでたら不愉快さと救いのなさに凹んでただろうな。
読了日:12月01日 著者:沙村 広明
http://book.akahoshitakuya.com/b/4778320514
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/602-a4d101f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。