(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そういえばゴーストハント限定版のドラマCD聞かなくちゃ。


2009年8月3日 - 2009年8月9日の読書メーター
読んだ本の数:4冊


■MW(ムウ) (2) (小学館文庫)
映画化で気になっていたのです。今はともかく、当時は確かにセンセーショナルな内容だわな……。どこまでいっても非情な悪でしかない結城は賀来との対比もあって実に魅力的だし目まぐるしい展開に引き込まれたけど、ラストに悪意を感じてもやっぱりねと思ってしまうあたり、私は現在の漫画に慣らされすぎたなあと。いや十分面白かったのですが。
読了日:08月09日 著者:手塚 治虫
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091920055

■MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
読了日:08月09日 著者:手塚 治虫
http://book.akahoshitakuya.com/b/4091920047

■世界の中心で愛なんか叫べねーよ (EDGE COMIX)
「ラブ&カタストロフィー」を読まないまま読了。面白かったけど表紙の二人に萌えない残念さで、やっぱり後回しにしておけば良かったな……と。ウリ専と完璧ノンケの話が実に良かったです。ファンタジーに逃げない結末は込み上げるものがありました。にしてもこれと「同級生」が同じ雑誌とは。OPERAの懐の広さにビックリ。
読了日:08月09日 著者:語 シスコ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4863490690

■ドラマCD付限定版『ゴーストハント』第11巻
1人称だからこそ怖い、と思っていた話ですが、3人称にならざるを得ない漫画でもなかなかにぞっとしない出来。そして浄霊の画は絵だからこそ込み上げる面もあり、良い漫画化だと改めて思いました。WHの話をやらないならあと1巻かな?いつになるかは分からないけど楽しみです。ドラマCDはこれから聞きます。
読了日:08月08日 著者:いなだ 詩穂,小野不 由美
http://book.akahoshitakuya.com/b/4063583015
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/644-ab9b6ed3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。