(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 我ながら、これをオススメするのはどうかと思うけど……。 


 読了冊数:14冊
 9月のオススメ:落下傘ナース(厘のミキ/ヤングジャンプコミックスウルトラ)


■オリンポス 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
1巻と2巻でスタンス変わってる……? ガニュメデスの苦悩が主題なら2巻出なさすぎだし、神の退屈が主題ならガニュメデスをメインに据えなくても……。絵は素敵だし雰囲気は良かったし、1巻も2巻も単体で考えるなら面白かったですが、繋げると何か腑に落ちないです。うーん、何だかなあ……。
読了日:10月03日 著者:あき
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3299369

■咎狗の血 True Blood (あすかコミックスCL-DX)
TB未プレイだってのを差し引いても駄目コミカライズ。特定キャラのルートを他キャラや共有部分に触れつつ1冊未満に納めようとして、結果薄っぺらなダイジェストとなってしまう、エロゲやラノベの1クールアニメにありがちな失敗まんまやってます。この本で一番面白い所:このコミカライズに対する鳥海浩輔のコメント。ぶっちゃけすぎw
読了日:10月02日 著者:森田 柚花
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3292785

■鉢植えの住人 (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 32) (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 32)
2冊同時刊行だけど、私はこっちのが良かったな。兎にも角にもコタツ!コタツ!フェティッシュなエロ良いよ凄く良い。メイン2人も可愛くて満足満足。表題作は身勝手な切なさが三角関係BL好きにはたまらんが、『オルタナ』と被りすぎじゃね?……とは言っちゃいけないんだろうな。いわゆるサブカル系BLとは距離を置いてきたけど、この作家さんとは波長が合う気がする。サブカルでもオサレでもない気がするけど。
読了日:10月02日 著者:古街 キッカ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3292684

■悪魔でハニー (ミリオンコミックス Hertz Series) (ミリオンコミックス Hertz Series 66)
裏表紙詐欺。それはさておき、表題作はBL版みなみけ……というとだいぶ語弊があるけど、つまりああいう感じの低体温コメディ。よく考えたらBLでここまでふんだんにパロ取り入れた作品ってないな……。書き下ろしが一番良かったかも。男同士よりも男女で見たかったネタだけど。あと先輩萌え。
読了日:10月01日 著者:古街 キッカ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3292681

■大奥 第5巻 (ジェッツコミックス)
相変わらず凄い漫画。史実の事件を交えつつ、独自の解釈で将軍他人物を描いていく姿は、文面以上に凄い事じゃないかと。自分の意思如何にかかわらず子を産まねばならぬ存在とされた綱吉の苦悩の吐露が一番心に響きました。この作品は、間違いなく「女性」を描いたものなんだなあ、と再確認しました。
読了日:09月30日 著者:よしなが ふみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3292666

■世界一初恋 ~小野寺律の場合3~ (あすかコミックスCL-DX)
律編がもうすでに色々と手詰まりというか早く終わらせた方が感が強くなってるけどこの巻はそんなところよりも木佐編ですよ! チャラ系年下攻め×捻くれ童顔年上受けでド直球少女漫画とかたまらん。雪名やばいよ雪名。しかし純ロマもそうだったけど、サイドストーリーの方が面白いのはこれいかに。
読了日:09月29日 著者:中村 春菊
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3292665

■にょろーん ちゅるやさん (角川コミックス・エース 246-1)
にょろーん。単行本でもにょろーん。ちゅるやさんもあしゃっちもかわいいよ癒されるよ。ハルヒのキャラとは色々かけ離れてるけどこれはこれでいいと思います。なんていうかこのおかしさがたまらない。まあ四の五の言わずにょろーん。
読了日:09月25日 著者:えれっと
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3292657

■ローゼンメイデン 2 (ヤングジャンプコミックス)
雪華綺晶ー! ヤバイ今までラスボス以上の感情が沸いてこなかったはずの雪華綺晶がやばい。肉体への執着を吐露するシーンに色々と来てしまった。他にも銀様とめぐの関係に萌えたりまかなかった世界のジュンの成長にじんわり来たり相変わらず面白いです。ラストは斜め上すぎ。
読了日:09月24日 著者:PEACH-PIT
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3292652

■ヴィンランド・サガ 8 (アフタヌーンKC)
帯がネタバレすぎる件について。いや知ってたけどさw ああそれにしても凄まじすぎる展開。アシェラッドの最期も、正しく王であった彼と復讐にしか拠り所を見出してなかったトルフィンの対比も凄いけど、何よりそれまでの展開を序章とした作者が凄すぎる。第二章はどうなるのか、楽しみでなりません。
読了日:09月24日 著者:幸村 誠
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3292645

■夏時間 (バンブー・コミックス REIJIN Selection)
初のBLコミックスにして一番らしい本というか。鬱系も切ないものも笑えるものも揃っていて、国枝彩香入門にはちょうどいいんじゃないかと。個人的には笑える乙女系男子攻めの話が面白かったです。ギャップがでかすぎるww あと表題作は良い話でしたが、正直最中に「学校は楽しいか?」なんて聞いてくる攻めは嫌だなw
読了日:09月16日 著者:国枝 彩香
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3135022

■僕のペットはサラリーマン (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
あ、頭が悪すぎるwwww 表題作からして大概だけど愛・戦士からはもう酷いとしか言いようがないんですがwww 見開きで空中合体とかバカじゃまいかwwww いやあCJはシリアスよりもこの路線やってナンボですよね。満足満足。
読了日:09月15日 著者:CJMichalski
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3120030

■ちはやふる 6 (Be・Loveコミックス)
千早は前回の引きを順当に消化、という感じでそこまででもないのですが今回は周りが熱いよ! 特に互いの欠点を理解しつつのかなちゃんvs机くん戦は非常にたぎりました。そして引きがまた酷いね! 次も楽しみだね!
読了日:09月13日 著者:末次 由紀
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3099722

■となりの801ちゃん4 特別限定版 (Next comics)
人間ポケモンに爆笑。改めて読むとなんていうか他人事には思えないなあ、痛いところもあれど、いい夫婦だなあと思います。あとアニメOPがいい出来で、これ本当にヤマカン監督でアニメ本編も作ってくれないかなあと思ってしまった。ヤマカンならきっとネタになるよ!
読了日:09月09日 著者:小島アジコ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3046795

■プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER)
絵は上手いしラブコメとしてのツボもしっかり抑えてるので人気あるのは分かります。けどそもそもの話が「文武両道で女の子にモテる主人公が超可愛くて男女問わず人気で子悪魔なヒロインに弄ばれる」とかどんだけドリームだよ、とか思った時点で私には無理でした。男の娘って都合のいい設定だと思ってたけど、さすがにこれは男だろうが女だろうが引くわ……。
読了日:09月07日 著者:松本 トモキ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3023940
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/650-af11cd5f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。