(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
10/16~10/22の読了分の感想です。


……2冊除けばBLしか読んでない……。どんな週やねん。



10/16 火目の巫女 巻ノ三(杉井光/かわぎしけいたろう/電撃文庫)

火目3巻。個人的には好きなシリーズなので楽しみにしていたんだけど、……あれ? いや敵は前よりも強大になっているし、後半の展開は燃えるのに、前回よりも楽しめない。というのも、伊月の無茶っぷりが(以前もあったけど)きつすぎて鼻についたから。主人公なのに……。あと過去話は途中途中で挟むよりも一気にやって欲しかった。まあ次も出たら買うけど。

【評価:★★★】


10/17 プラスチックとふたつのキス 魚住くんシリーズ2(榎田尤利/茶屋町勝呂/クリスタル文庫)

あぁ、すごく心地良い。土台はほぼ重苦しいシリアスになる要素で出来ているし、たまにそういう部分が顔を出すのに、全体で見るとゆったりとした癒し系の物語。その紙一重の雰囲気がすごくいい。魚住のキャラはさることながら、ほかのキャラも明確に立ってきたし、BL分も一気に増量したし、面白い面白い。ただ、番外編は正直いらなかったと思う。出来はいいんだけど……。

【評価:★★★☆】


10/17 メッセージ 魚住くんシリーズ3(榎田尤利/茶屋町勝呂/クリスタル文庫)

痛い。苦しくて、それ以上に切ない。本来、こういう展開は好きじゃないんだけど、泣きのツボを付いてくるのだから仕方がない。喪失の痛みを丁寧に書いた表題作と、そこからの回復をしっとりと、でも一部鮮烈に書いた『あの青の中にいた』と、どちらも思わず涙がにじんでしまった。前巻の心地よさはほとんど奥に引っ込んでしまったけど、面白いからいいです。あと2巻。魚住と久留米の関係も随分近づいてきたことだし、これ以上の急展開はないと思うし、確かにもうすぐ終わりっぽいですね。

【評価:★★★★】


10/18 過敏症 魚住くんシリーズ4(榎田尤利/茶屋町勝呂/クリスタル文庫)

魚住と久留米の関係もとうとう一線越え。素直におめでとう。一線を越える際に、意外なを出してきたのにはびっくり。まさかあそこを伏線として持ってくるとは思わなかった……。でもこれで魚住の成長をしっかり肌で感じることが出来た。ただ、番外編がやっぱり余計(出来はいいんだけど)だったり、一線越え以外に特に目新しいところがなかったりと、正直前巻の方がよかったな。ここら辺の構成はもっとスマートに出来なかったのかしら。あと他のシリーズと明らかにテンションの違うあらすじには苦笑。いくらバレバレだとしても、ミスリードを狙って書いているんだから、隠してあげようよ。

【評価:★★★☆】


10/18 リムレスの空 魚住くんシリーズ5(榎田尤利/茶屋町勝呂/クリスタル文庫)

集大成、という言葉がこれ以上なくピッタリ当てはまる本は、他にないと思う。2巻の心地よさを残しつつ、3巻のあの展開を乗り越え、久留米との関係が成立した上で魚住、ひいてはこのシリーズが出した結論に静かに涙した。実にしっとりとした、静謐な雰囲気の物語でした。100Pくらい、新キャラを出しての短編をまるまるエピローグに使う緩やかさも、この作品らしかったです。……いや、過去形でこの物語を語るのはいけないな。ラストの一文は間違いなく名文でしょう。素敵な物語です。これからの彼らに幸あれ。

【評価:★★★★☆】


10/20 FLESH&BLOOD2(松岡なつき/雪舟薫/徳間キャラ文庫)

まだ本格的に話が動いたわけではないんだけど、一巻より面白かった。海上戦は真っ当に面白くてちょっとびっくり。海斗とジェフリーもぐっと深みが出てきたし。というか今回はナイジェルが! いや正確にはジェフリーとナイジェルが! こういう真面目でクール(でも熱血な部分もある)な受けは大好きなので、是非ここはジェフリー×ナイジェルで一つ。……ええ、かなわぬ望みだというのはわかってますよ。それを抜きにしても面白いので、続きも早速買わなきゃ。

【評価:★★★☆】


10/21 XXXHOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル(西尾維新/講談社)

DEATH NOTEノベライズが、デスノ読者ならまず楽しめるように作られていたのとは違って、こっちは随分間口の狭い感じ。最初の2話はまだHOLiCの雰囲気を引き継いで作っている(とは言っても自分はアニメで数話見たくらいなのですが)けど、最後の1話はいかにも西尾っぽいキャラが出てきて西尾っぽい戯言をぐだぐだとしゃべり続けるという、完全に西尾が好きな人でないと楽しめない話。西尾は好きだけど、本当にぐだぐだとした話なので、正直3つの中では一番微妙だと思った。四月一日のキャラも変わっている気がするし。後の2話はそこそこ面白かった。でも西尾は短編よりも長編向きだと思う。あ、人物紹介は笑った。いかにも西尾なネーミングのキャラと違和感なく同居してる……!

【評価:★★★】
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/66-436708de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。