(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
本間アキラ過去作祭り。うん……。

2010年1月11日 - 2010年1月17日の読書メーター
読んだ本の数:10冊


■クロノクルセイド 2 (ヤングキングコミックス)
1巻はまだキャラと世界観紹介の段階でしかなかったけど、2巻で色々見えてきた感じ。契約エピソードはこれに付き添う代償を考えると色々痛いなあ。修道騎士見習いになったと言う事で、これからずっとヨシュアを追いかける展開になるのかしら。あとアズマリアも同行する展開になったのは結構意外だったり。
読了日:01月17日 著者:森山 大輔
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4551642

■クロノクルセイド 1 (ヤングキングコミックス)
読了日:01月17日 著者:森山 大輔
http://book.akahoshitakuya.com/b/4785932910

■夜魔―奇 (電撃文庫)
痛さと足元がおぼつかなくなるような怖さに一端引き込まれたら最後。甲田学人は久々に読みましたが変わってないなあ。どの話も肌が粟立つわー……。特に「薄刃奇譚」は痛過ぎて勘弁して下さいクラス。こちらは幻想性の強い作品集らしいので、怪談性の強い方の夜魔も楽しみです。それにしてもこの魔女は意外と普通だ。
読了日:01月16日 著者:甲田 学人
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4523596

■時間・空間・人物 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
片付け中に見つけて再読。いつ読んでも素晴らしいヤンデレBLです。包丁交換と虚無感溢れるラストが印象的な「復讐の巻」が一番お気に入り。
読了日:01月15日 著者:凜野 ミキ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4514402

■GARDEN (ゼロコミックスデラックス)
BLというかガチガチのSF漫画。ここまでくるともうBLの禁忌とか凄くちっぽけなものに思えて来ます。クローンのギミックを使ってクリスと彼の愛に説得力を与えた「DOGLA+MAGLA」が一番良かったかなあ。「クロック・ダウン」は根っこは一番BLっぽくて良かったけどラストは疑問。凄さではこちらが上だけどツッコミ所も結構あるので、これをシェイプアップして出来たのが「SEX PISTOLS」なんだろうな、と感じました。
読了日:01月15日 著者:寿 たらこ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4511649

■一人の王にさしあげる玩具 (WINGS COMICS)
評判良かったので読みましたが、なるほどこれはなかなか。ファンタジーらしい重厚さ・シリアスさとウィングスらしい軽さが丁度良い塩梅で楽しめました。たった60Pなのに激動の時流を感じさせる表題作と、ひたすらにやにやできる傭兵の話がお気に入り。他の話も良くて満足です。ただ人形師の話だけは世界観が違うだけで技術的には現代と変わらない、という点に戸惑いました。
読了日:01月15日 著者:吟 鳥子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4508158

■ビロウな話で恐縮です日記
ある程度はwebで見ていたからいいかなあと思っていたのですが、実際読んだら良かったです。「琵琶湖 晴れ」に腹筋崩壊。書き下ろしの註釈部分も面白かったのでお得な感じ。YOMUZOでの尾田栄一郎の話は今読むと現実を予言していたかのようだ……YOMUZO入会したい。第二弾も出ると良いなあ、と言いつつも日記は昨年11月で更新止まってる……。
読了日:01月14日 著者:三浦 しをん
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4504454

■愛が神を殺す時 (ショコラコミックス)
読んでる最中はそれなりに面白かったのだけど、終わってみると疑問の方が大きい話でした。互いが惹かれ合うあたりはわりとおざなりですし、ラストはそれでいいの……? こんなあっさり許すマフィアってアリなのか。同時収録の短編は面白かったのだけど、表題作で丸々描いた方が良かったような。それにしても著作中1作以外マフィアや893、刑事ものってある意味凄いなw
読了日:01月14日 著者:本間 アキラ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4497435

■最後の肖像 (ショコラコミックス)
表題作は微妙だけど同時収録の中篇はそこそこ。何はさておき設定がいいな!そしてキースもいいな!しかし展開に「えっ?」となってしまった部分もあるので全てが満足とはいかず。表題作のラストは一瞬何が起こったか分からず読み返してしまった……。あとこの人の女性の書き方は都合の良さやいやらしさが目に付いてあんまり好きじゃないなあ。
読了日:01月13日 著者:本間 アキラ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4491667

■デュラララ!! 1 (Gファンタジーコミックススーパー)
デュラらしい雰囲気に溢れたコミカライズ。全キャラに気を配った作者は頑張ってて凄いなあと思います。臨也のシーンは迫力に溢れてる。ただそもそも私ヤスダスズヒト系統の絵がそんなに好きじゃないんだな、ということも再確認させてくれる漫画でした。とりあえずシズちゃんがまだほとんど出てきてないので話はそれからですな!
読了日:01月13日 著者:成田 良悟
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4484789
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/673-bfd9092a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。