(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 これまでは読了冊数大目です。しかしこれからは……DQが(ry
 あと由利先生の続編どこにあるんだろう……。

 2010年1月18日 - 2010年1月24日の読書メーター
 読んだ本の数:10冊



■誰にも愛されない (ビーボーイコミックス)
再読。日下はユギ作品史上トップクラスにツボな受けです。面倒臭い素直クール受けたまらん。暑苦しい猪突猛進攻め×クール受けはベタといえばベタですが、古書店ならではの叙情的な雰囲気がそれをベタと思わせなくしています。バランス感覚の良い作品。そして作家としての熱意の差を書いた同時収録は色々刺さるわー……。内容的にも物量的にもボリュームたっぷり。満足です。
読了日:01月24日 著者:山田 ユギ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4663003

■その手の熱を重ねて 1 (Dariaコミックス)
新シリーズ。なんという焦れ焦れ展開。ゆっくりな上に渚のイライラ・焦燥感ばかりが伝わってくる前半はまさか外した? と危惧しましたが後半は見方を変えられてなかなか良かったです。というか凪紗無自覚かよ!wwww 天然美味しいです。ところで絵柄変わった……?
読了日:01月24日 著者:富士山 ひょうた
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4643189

■リアルライフゲーム (リンクスロマンス)
つまりリアル人生ゲーム。この設定は面白いししっかり生かされているし、バカ展開もCPも堕ちものも全部好みのはずなのに、読み終わってみると微妙な感じだった……。ゲーム設定を活かしつつ頑張ってBLしようとさせた結果、バカ展開も堕ちものもラブも半端になっちゃった感じだ……。ラストはなんだかなあすぎる。堕ちものは愛のない方が好きなんだよなあ。エロ展開よりもバカ展開やっている時が一番楽しかったかも。あ、翔太の豹変は非常に楽しかったw
読了日:01月22日 著者:夜光 花
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4622235

■青年14歳 (幻冬舎コミックス漫画文庫 や 2-1)
未収録が160Pとか豪華すぎやしませんか先生。もう凄く、凄く良かった! 表題作はホントお前らかわいい、かわいいよ! 中野と高円寺の名前に改めて噴きw『花とおじさん』の叙情的な雰囲気にくらくら。そして「かなしいからじゃない」のいじらしさと青春加減がもうたまらん。ラストの写真は涙その他色々こみ上げてきました。ああやっぱり山田ユギ大好きだー!と再認識。そして最近の作品と昔の作品をどうしても比べてしまって、昔のが好きかなあ……とも思ってしまった作品集でした。ああでも大好き!
読了日:01月21日 著者:山田 ユギ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4611357

■BTOOOM! 2 (BUNCH COMICS)
うーん……。バトルは見ごたえあるのだけど爆弾のみって逆に制限でかいなあ……。個人的にバトロワものってキャラの魅力によるところが大きいと思っているので、あからさまな中二病キャラとかベタなヒロインとかだとどうもなー……。先読みできる要素が多いのと好みじゃない要素が多くなってきたので、切りかなあ。
読了日:01月20日 著者:井上 淳哉
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4592659

■ノノノノ 9 (ヤングジャンプコミックス)
「女の子を脱がせるなんて最低だ!」お前が言うなよ岸谷wwwwwとはいえGJ。岸谷汚名挽回巻でした。そういうところを見せた後の佐藤君から見た岸谷についても噴いたw まあそんな感じで岸谷巻でした。しかしノノの正体はバレバレですな。
読了日:01月20日 著者:岡本 倫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4592654

■風味絶佳 (文春文庫)
初・山田詠美。じっとりねっとりしているなあ、こういう女性らしさを滲み出した文体大好物です。「間食」と「アトリエ」の陰鬱でじっとりと艶かしい感じがたまらなく好きです。特に「間食」の生ぬるく引きずり落とすようなラストが良いです。そういう作品が多い中での「夕餉」のラストの清々しさは実に印象的。熟成された恋愛集でした。他作品も読もう。
読了日:01月20日 著者:山田 詠美
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4592138

■熱伝導 (花音コミックス)
再読。初めて読んだ時よりも面白く読めました。というかどんな話だったかすっかり忘れていた自分。あっさりほんわかした表面の下に熱々の情感が詰まっている感じがたまらないです。というかあっさりほんわかした流れなのにエロがどぎつくてビックリした……。そういえば初めて読んだ時もエロのきつさにビックリしたような……。じっくりことこと煮込んだスー……じゃなくて漫画でした。エロは凄い。
読了日:01月20日 著者:明治 カナ子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4585598

■平尾アウリ作品集「4月1日」 (リュウコミックス)
なんとなく購入。初期短編集らしいというか(この作家さん初読みだけど)つまりは非常に雰囲気漫画な感じ。1作だけあからさまにBLだと思ってたら掲載雑誌がGuiltyだった。そりゃBLだわ。そのBLの話と魔法使い話が可愛くてよかったです。でもこの人の他作品を読むかといわれるとちょっと微妙かも。あ、絵は凄く可愛いと思います。
読了日:01月19日 著者:平尾 アウリ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4583947

■由利先生は今日も上機嫌 (ミリオンコミックス 84 Hertz Series 39)
評判良いので読んでみました。なるほどこれはイイ感じ。前半は割合普通かなあと思っていましたが、ようやく進展する後半からは色々にやにや出来て楽しいです。由利先生じゃなくても六車君はいじめたくなるわw 戦後まもなくらしい雰囲気もあって良かったです。あとひょっとして表紙カバーの紙いつもと違う? 大洋図書装丁凝り過ぎだろ……とても良いと思うのでどんどんやって下さい。
読了日:01月18日 著者:木下 けい子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4566798
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/674-19f04d38

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。