(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今回は少なめ。


2010年5月17日 - 2010年5月23日の読書メーター
読んだ本の数:5冊


■ヘタリア〈3〉Axis Powers 特装版 (BIRZ EXTRA)
キャラ大増量。アイスランドとシー君かわいい。しかしいい加減1回読んだだけではキャラが覚えられなくなってきている……。複数回読んだら解消されるかな。にしても子供時代のハンガリーとプロイセンが可愛すぎて色々たぎった。幼馴染み&勘違い美味しいです。
読了日:05月22日 著者:日丸屋 秀和
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6177281

■セイジャの式日 (メディアワークス文庫)
絵を描きたいという暗い欲望を書いた前半と、少年が勇気を出す晴れやかボーイミーツガールな後半と対照的な配置ですがどちらも良かったです。特に後半は電車からラストまでの一連の流れはまさに青春!って感じで素敵。ただシリーズ全体を通して考えると未処理な所が多く、はぐらかされたような……。彼方視点がないから仕方ないのかな。オフィーリアの引用な表紙や最後のイラストはとても綺麗で、絵師及び装丁にはMWだけでなく電撃文庫でもトップクラスに恵まれた作品でした。
読了日:05月21日 著者:柴村 仁
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6165548

■腐女子っス! 3 (シルフコミックス 7-3)
幼馴染・文通に凄く2828。ああ可愛いなあ2人とも可愛いなあもう。とらドラネタにはあーこんな感じこんな感じ!と思いつつ、ラストの写真に楽しかった後の切なさが滲み出てた。つまり今回もとても良かったです。あと先輩2人のその後の話(の同人誌)に思わず名義確かめたのは私だけじゃないはず。こ、この展開で1冊お願いします先生。
読了日:05月20日 著者:御徒町 鳩
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6162464

■モテキ(4) <完> (イブニングKC)
つまりは恋愛ハーレム漫画じゃなくて駄目男の成長物語だった、てことで。急いてる感は否めないけど、「あいつはもう大丈夫だろ」に芯から同意し安堵した私にこの結末を否定は出来ないです。最後がフェスで最初に繋げたのはとても綺麗。魅力的なだけじゃない女の子達に囲まれた喪男の成長物語、とても面白かったです。にしても学校の夏樹の言葉は刺さりすぎる……。
読了日:05月20日 著者:久保 ミツロウ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6160060

■LIAR GAME 12 (ヤングジャンプコミックス)
相変わらず1話毎に戦局の変化があり読んでて飽きないです。しかし毎回毎回よく考えてるなこんなことw 今回はまだ理解が追い付きますが。五百歳・一万歳はもろに一見理屈の通っている新興宗教って感じで面白かった。ナオとアベの会話が今後の展開に繋がるのは明白として、あのラストも火種になりそうなのだけどどうなるか。
読了日:05月19日 著者:甲斐谷 忍
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/6150334
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/707-89efa816

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。