(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そういえばあんまり読めてなかった。

2010年8月9日 - 2010年8月15日の読書メーター
読んだ本の数:5冊


■神は細部に宿るのよ(1) (ワイドKC キス)
相変わらず身を切り売りしているような、大変痛くて面白い自虐エッセイ。チェーンベルト私も持ってる……なぜか捨てられない……。「確かに色々不便だけど好きだから着るんです」という川上女子の言葉に凄く納得しました。おしゃれは我慢。だから私は川下(ry 霜降りグレーパーカ=国民着に爆笑。確かに……!霜降りグレーパーカの便利さは異常。編集さんの面白さも異常。番子さんの編集さんはホントに面白い方々だなあ。
読了日:08月14日 著者:久世 番子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7209749

■D・キッサン短編集 矢継ぎ早のリリー (IDコミックス) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
和風だったり洋風だったり、切ないシリアスだったりコメディだったりと、作風の幅が広く、かつどの作品も巧い短編集。どろ高はさわりだけ読んだ程度ですが、こんなに筆の幅が広い人なのか。表題作が一番好きです。切ない別れを経た後の、ラストの力強い明るさに感動。あと椿の話のラスト1ページにはぞくりとしました。一迅社系列の作家、というよりもエンターブレイン系列の作家が好きな人にオススメ。
読了日:08月10日 著者:D.キッサン
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7169480

■悩んだときは山に行け! 女子のための登山入門
これから山に行く人(男女問わず)のためのガイドであり、山に触れて人生が変わった女性のエッセイでもあり。筆者が得た、シンプルだからこそ雄大な感動を少しでも触れた気分になれました。なんとかなるさ!という気持ちになれる本です。ガイドとしては、「初心者向けの山ってないですか?」→「まず自分のレベルを知れ」に納得することしきり。少し、山に行ってみたくなりました。
読了日:08月10日 著者:鈴木 みき
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7167288

■藍より甘く (幻冬舎ルチル文庫)
BLと一般文芸のあわいを静かに進むような、そんなギリギリの危うさをもった物語。真希の嫉妬やラノベと一般文芸を足して2で割ったような文体が違和感なく受け入れられるのはBLならではかも。淡々としていながらも気づけば硬質で繊細な雰囲気にどっぷりはまってる。センシティブに間違いないけれどそれに寄りすぎずストーリー面も力が入っていて良かったです。イライラしないセンシティブはとても好き。惜しむらくは、イラストが……モノクロもうちょっとなんとか……。
読了日:08月09日 著者:一穂 ミチ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7156841

■エビスさんとホテイさん (まんがタイムKRコミックス つぼみシリーズ)
丁寧な心理描写に安定感あるラブストーリーで普通に良いはずなのだけど……。社会人ものな割にはメインも周囲の人物も子供っぽすぎやしませんか。一般職なんてこんなもんよねーって言われりゃそうかもしれませんが。しっかりした成長ものでもそもそもの起点がガキだとなんとも言えない。というかホテイさんキス未経験って社会人恋愛ものとしての魅力が8割ダウンだよ!つぼみの方針なのかもしれないですが、ならわざわざきづきあきら+サトウナンキを引っ張ってきた意味はどこに……。
読了日:08月09日 著者:きづき あきら,サトウ ナンキ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7153421
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/725-86d48f2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。