(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
BL大量補給(それ以外も読んでるよ!)

2010年9月6日 - 2010年9月12日の読書メーター
読んだ本の数:10冊


■あまい食卓 (GUSH COMICS)
かわいい雰囲気に嫌なところのないかわいいキャラ達、これで話が描ければホント文句ない作家なんだけどな北別府ニカ……orz 全体的にド近眼で展開されていると言うか、視点となったキャラの心情しか掘り下げられてないので、他のキャラが何考えてるのかさっぱりか、説明だけで済まされてしまう感じで勿体ない。キャラか雰囲気がツボにはまればいけるのだけれど、今回はどちらもツボにはまらず。かわいいのは間違いないけれど、うーん……。
読了日:09月12日 著者:北別府 ニカ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7607597

■胡桃の中 (2) (ZERO COMICS)
1巻とは微妙に変わりつつ、でも変わらない面白さで満足。感動分は1巻のが上だけど、「物の価値はその人次第」というテーマにより沿っているのはこちらかな。落ちぶれた画家の話がストレートな感動話で一番良かったかな。この話だけじゃないですが、どんどん話が展開していくので読んでて飽きないのも良いですあと父親の画の話は良い話……に見せかけてオチ酷すぎるだろwww不意打ちで噴いたw 10月の3巻が楽しみ。
読了日:09月10日 著者:川唯 東子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7567954

■不器用なサイレント 3 (ビーボーイコミックス)
遠野ママ覚醒。前回のいってらっしゃいも爆笑しましたが今回も同じくらい、いやそれを超える勢いかも。遊園地回やばいwwwコーヒーカップでは日傘閉じようぜwwwwww 肝心の本編はというと、本筋カプより脇キャラ、ひいてはスピンオフに定評のある高永ひなこですが、正直これについてはイケメンスケベな田宮と無表情で中身キャピキャピな智のが好きなわけで……。高永ひなこのツンデレなら兄ちゃんがやっぱり最強だと思う。
読了日:09月09日 著者:高永ひなこ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7564148

■青春攻略本 2 (花とゆめCOMICS)
2巻で終わりとか早すぎるだろ……!男子高校生らしい、バカやってみんなでわいわいして、でもそれが期間限定である切なさに浸る一方で、タイムリミットを強調して感動を煽る書き方に馴染めず、手放しで絶賛は出来ないかなあ。多分このあたりが、花ゆめ漫画に馴染めない根本の原因です。携帯のシーンはさすがにぐっときましたが。もっと、なんにも考えないでわいわいしてる彼らを見れたらまた違ったのかなあ……まあ要は、もっと彼らを見たかった、ということです。
読了日:09月09日 著者:あきづき 空太
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7563797

■青春攻略本 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:09月08日 著者:あきづき 空太
http://book.akahoshitakuya.com/b/459219151X

■モテキ(4.5) (イブニングKC)
その後の話はいつかちゃんだけなのかあ、と思ったけれど他のヒロインは確かにいらないか。インタビューや舞台裏の分量が多く、他の方々もいってる通りファンブックですね。いつかちゃんの漫画はぐるぐるしてるところとか自己完結してるところとか凄く女性的。女性向け漫画誌に載ってても驚かない。あと土井亜紀のコンセプトに納得する一方、いつかちゃんのコンセプトは酷すぎると思ったw
読了日:09月08日 著者:久保 ミツロウ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7552552

■ダブル・バインド (キャラ文庫)
ミステリ要素強めのBLというか、荻原浩あたりが新潮文庫で書いてる刑事もののBL版という印象。全体的には会話文の硬さを含めてとても端正でリーダビリティの高さからするする読めるのだけど、話はわりと普通というか、BLとしては今時見ないくらいベタ中のベタをいってるのが気になる。展開もそうだけど、キャラの配置が今時そんなベタやるんだ感。いやベタはベタで美味しいのですが、キャラで押し切るタイプじゃなさそうなのであんまりベタが生きないというか。しかし、どんなオチを用意してるんだろう……。
読了日:09月08日 著者:英田 サキ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7550138

■オレンジイエロー (IDコミックス 百合姫コミックス)
百合姫Selection2でピンと来なかった作家なのになんで読んだんだろう……。話は浅い以外に取り立ててどうこう言うこともなく、それ以上に地に足の着いてない、とにかくふわふわした雰囲気・キャラが苦手。ふわふわした女の子は本来好きですが、ここまでファンタジーだと自分の理解の範囲を軽く越えてて可愛いと思えない……。一々「…」を語尾に付けたがるモノローグも性に合わず。「カタコイヒメ」で自分の高校生活を誇る先生の一言と水ぶっかけるシーンだけはよかった。
読了日:09月07日 著者:乙 ひより
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7538580

■胡桃の中 (ZERO COMICS)
ゼロコミックスだけど普通にBLだと思う。というのはさておき、予想以上に面白かったです。美術についてよく調べられていて、かつ単なる知識のひけらかしにならない丁寧な話づくりに好感。3編のうち最初の2編は感動系の良い話で、もちろん感動しましたがこればかりだったらどうしよう……と思っていた矢先にベクトルの違う、それでいながら変わらず面白い3話で倍率ドン。ぶっきらぼうだけど優しい主人公も良いし、BL的にも美味しくて二度満足。来月3巻が出るようなので早めに2巻読もう。
読了日:09月06日 著者:川唯 東子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7528049

■SUPER LOVERS 第1巻 (あすかコミックスCL-DX)
安定したストーリーテリングに出しすぎず各々個性のあるキャラたちにと、これに角川の販売戦略が加われば、なるほど人気が出るのも納得。ただごめんなさい、疲れてるときに読むもんじゃなかった……。隅から隅まで隙間なく使用された画面と怒濤の情報量に頭がついていかず凄く疲れた……。疲れてる時に水樹奈々とか茅原実里のアップテンポを遠慮したくなる感じに似ているなあ。ところでギャグが純ロマっぽい?けどシエルの方針なのかしら。
読了日:09月06日 著者:あべ 美幸
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/7527061
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/730-75274e02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。