(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 時間があまったので音楽の方もまとめることに。
 こちらは簡潔に、今年よく聞いてた曲をまとめようかなあと思います。ほとんどアニソンだよ!ちょっとだけ去年以前の曲もあったりするよ!


 では見たい方は下をどうぞ。


 去年以前に発売されたのでよく聞いたのはこのあたり。
・サーカス(シド)
 アルバム聴いた当初はそんなにはまらなかったはずなんだけどな……。韻を踏んだ歌詞とリズムではまりました。「今以上」「Imaging」でサビに移るあの転調が最高に好き。

・Believe(嵐)
 嵐で一番好きな曲これかもしれない。サビと間奏を埋めるストリングスのアレンジがめちゃめちゃ格好いいです。あとこれを嵐ファンの葵さんの前で歌ったら「櫻井君ラップなのに歌詞がまともだ!」と驚いてました。君の認識はいったい。

・美しい名前(THE BACK HORN)
 実はまともに聞いたのは確か今年に入ってから……だったはず。世界観のはっきりした歌詞が切なくて、聞くだけで涙が出てきそうになる曲。無音も音楽を構成する重大な要素だと思わせてくれる曲です。

 以下が今年発売の曲です。
・光の旋律(Kalafina)
 梶浦由記版世界名作劇場。郷愁溢れる曲調もよいですが、何よりラスサビの破壊力がすごかったです。なんとも切ない終わり方でこういうの大好きです。

・バカ・ゴー・ホーム(milktub)
 B・A・K・A GO!GO!HOME! バカっぽいノリで疾走する感覚がたまらなく好みでした。あとアニメのEDすごかったね!学ラン正義だね!

・さくらさくら咲く~あの日君を待つ、空と同じで~(marble)
 バラードなmarbleもよいですがアップテンポなmarbleもよいね! さくらと高校生くらいの子の恋愛の組み合わせがたまらなく好きなのでこれも例にもれず。二番Aメロの歌詞がよいです。

・Trust Me(松下優也)
 岸谷視点のセルティ曲。リズムとアレンジが好きでよく聞いていました。デュラララ!!のEDはすごいオサレで、今年のアニメEDなら一番良かったです。そりゃニコニコでパロがいっぱい作られるはずだわ……。

・裏切りの夕焼け(THEATRE BROOK)
 こちらは純粋にセルティを歌った曲。シンプルイズベスト、みたいないい意味で力の抜けた音楽と癖の強いボーカルの組み合わせがよかったです。あとこれもOP映像がよかった。

・future nova (school food punishment)
 アルバムもよく聞きました。「goodblue」も素敵なんですが、ラストの力強い明るさがいいこの曲に。キラキラしているので、夜空を背景に聞きたいです。

・バクチ・ダンサー(DOES)
 決まりすぎてるほどに決まってるイントロから3分足らずで駆け抜けていく疾走感。タイトルが最高に格好いいです。意味はあまりよくわからないけれど。

・My Soul,Your Beats!(Lia)
 Liaのボーカル素晴らしいね!と思いつつ、曲もよいです。畳み掛けるようなラスサビは圧巻。歌詞は説明臭くはあるけど、なんだかんだで泣ける。

・ヴィーナスとジーザス(やくしまるえつこ)
 今年一番の萌え曲。やくしまるえつこのボーカルもキッチュでかわいいし、韻を踏みまくった歌詞もかわいすぎて萌えます。かわいいは正義。

・Utauyo!!Miracle(放課後ティータイム)
 今までOPでやってきたことの最終進化形。こんだけ無茶苦茶なことやってるのにちゃんと整理されている計算高さが憎らしいw 「進め乙女 抱きしめて、希望を!」は間違いなくけいおん!曲で一番格好いいです。

・NO,Thank You!(放課後ティータイム)
 上が最終進化系なら、こちらは今までEDでやってきたことの集大成だと思います。今を生きる女子高生ガールズバンドらしい格好よさで、最後がこの曲でよかったと思います。c/wの「Girls in Wonderland」もよかったな。

・SWORD SUMMIT(T.M Revolution)
 一から十まで大変TMさんらしい曲。absのが好きですが、こちらのぶれなさもよいです。ところで最近の西川さんはTwitterを有効活用しすぎだと思う。

・HIGHSCHOOL OF THE DEAD(岸田教団&THE明星ロビッツ)
 イントロのギターから最高に格好良くて夏はひたすら聞いてました。インディーズらしいルールに縛られない感じがよいです。余談だけど、ジャケットは怖すぎる。

・雨上がりのミライ(ミルキィホームズ)
 「sugar sweet nightmare」と迷ったけど神前暁枠はこちらで。このキャッチーさ!この軽快なアレンジ!神前暁らしさがたっぷり出ていて満足です。アニメも最高に楽しかったよ!

・ROSE-HIP BULLET(GRANRODEO)
 とがいぬはあにめかなんてしてないよ、と思いたい派だけれど、この曲とED曲が世に出ただけでもアニメ化した価値はあったと思います。格好いいものを格好いいと信じて疑わないまっすぐさが大変格好良いです。

・侵略のススメ☆(ULTRA-PRISM)
 電波ソング枠。電波ソングらしいかわいい曲調もそうだけど、間違いなくコミケの事を歌った歌詞がよくて、ラスサビはそうだよね!とちょっとうるっときた……。今度えむいさんあたりとカラオケに行ったら「私たちの曲だ」と言ってこれを歌おうと思います。

・God Only Knows(Oratorio The World God Only Knows)
 フルで8分のオラトリオ。様々な作曲者によって織り上げられた曲に、というかその発想に完敗。その誰もやろうとしない考えは素晴らしいと思いますw もちろん曲もよかったです。

・カレンデュラ レクイエム(Kanon×Kanon)
 アニソンらしいアニソンとしては、今年一番格好はまった曲。アニソンらしくキメるところはきっちりキメていて、イントロから間奏、アウトロに至るまで手抜かり一切なしの聞きごたえがたまらなかったです。ラスサビの転調にはびびった。最後まで聴いてこその曲だと思う。

・純情マスカレイド(花桐丸竜&雪洞&鬼灯)
 アニソンって男女デュエット少ないよね、と思っていたところに。二人静もよかったですが、おどけたリズムとコケティッシュなメロディがすごくかわいらしかったこちらで。ざくろはいいアニメでした。

・NAMInoYUKUSAKI(THE RICECOOKERS)
 エモい(エモーショナルな、という意味で)、という形容が一時期文芸部で流行っていたのですが、今年一番エモかった曲はこれだと思います。サビがなんとも切なさ目白押しで大好き。日本語詞もよいですが、個人的には英語詞押しで。

・Distorted Pain(電気式華憐音楽集団)
 最後はこちら。今年ベストアルバムが発売されたから今年分だよ!と無理やり主張してみる。激しさと切なさを併せ持つ、デンカレでは一番好きな曲です。Cメロの歌詞が切なすぎて大好き。


 以上。シングルA面曲ばかりになってしまったのは反省。来年はもっといろいろ聞きたいもんです。それこそアニソンばかりでなく。
スポンサーサイト

デンカレベストが出たなんて今の今まで知らなかったorz
早速通販で注文してはみたけど残っているのだろうか

2010.12.31 23:18 URL | SOW #- [ 編集 ]

>SOWさん
デンカレベストはメーカーがだいぶ作った?らしいのでまだ大丈夫じゃないかなあと思います。
秋葉原のソフマップでは大量に入荷されてました。
BLACK BOXはスペシャルディスクが最高によいですよ!

2011.01.01 01:27 URL | 麻由 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/755-0204d660

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。