(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 4/30、5/22と、リッパーさん主催のラ管連ボードゲーム会に遊びに行ってきましたー。
 ボードゲームはほとんどやったことがなかったのですが、いざやってみると楽しい楽しい。人狼がやりたくて遊びに行ったのですが、それ以外のボードゲームも楽しいです。

 ということでここで感想メモでも。最近日記の更新してなかったしね!いい機会です。下に隠すので、見たい人はそちらを。ちなみに明日(日にち的にはもう今日)もボドゲ会です。

 ところで私はこの界隈的にはちょっと昔のラノベ読みくらいの立ち位置だと自分では思っていますが、なぜかBLの人って言われます。不思議。


a la Carte
 調味料と温度を調整して料理を作る事が目的のゲーム。1人3ターンあり、3ターンの間で特定の調味料(色つきブロック)+塩入り小瓶を振ってミニフライパンの中に調味料を入れたり、サイコロを振って温度を上げたり、またコーヒータイムといって袋の中から丸いブロックを取り出したりします。3ターンの間はどの行動をしてもよく、3ターンともサイコロ振ったり小瓶振ったりすることも。また丸いブロックが4色揃えば隣の人の料理を奪うこともできます。誰かが3品完成させたらゲーム終了、その時点で得点の多い人の勝利。
 大変バカゲーでした。小瓶は口が小さいので振ってもブロックが出てこないこともあり、と思えば一気にどばどば出てきて調味料入りすぎてしまったときの、脱力感が……。また塩(入れすぎると)しか出なかったときのがっくり感は異常。深く考えずにノリを楽しむゲームで面白かったです。またやりたい。

・お邪魔者
 カードを並べて金鉱を掘り当てるゲーム。ゴールポイントのカードは3枚あり、上・真ん中・下と縦に並べて伏せますが、そのうち金鉱は1枚だけ。いいドワーフ・悪いドワーフに別れ、いいドワーフは坑道が描かれたカードを並べて道をつなげて、金鉱の描かれたカードまでたどり着ければ勝利。悪いドワーフは地図カードや特殊カードを駆使して、邪魔ができれば勝利。
 これもa la carteと同じく、深く考えずみんなでわいわい楽しむゲーム。4/30、5/22ともにいいドワーフのみでプレイしました。
 4/30の時は3戦やって、3戦目に悪いドワーフ陣営が大活躍して金鉱を掘り当てられなかったときはかなり盛り上がりました。明らかに金鉱じゃないカードのところへ向かって坑道が伸びていく。上手く誘導されました。敵ながらお見事。気づいたときには後の祭りでした。お邪魔者はあまり悪いドワーフ陣営が勝つことはないらしく、これは珍しいとのことです。っていうか悪いドワーフ陣営が十字路ばかり持っててそれを「ここしかおけないんだよねー」と言ってどうでもいいところに置かれた時の腹立たしさといったら……!そこじゃないだろうちょっと近くにあるだろう。
 5/22も3戦やりました。初戦、5:3(いいドワーフ:悪いドワーフ)で戦っているのに明らかに4人に邪魔されてる気がする……と思ったら平和さんがいいドワーフを悪いドワーフと勘違いしてました。さすが平和さんだと思いました。

・ギャルマスターⅡ
 大富豪ぽいカードゲーム。最初に1~12まで描かれたカードを色別で配られます。1ターン毎に山札から場に出したモンスターカードに対して手札から1枚カードを出し合い、1番数の大きいカードを出した人がモンスターカードをもらい、1番数の小さいカードを出した人が自他プレイヤーの出した手札カードを回収できる、というもの。ただし数が他プレイヤーとかち合ってしまった場合は、2番目に強いor弱いカードを出したプレイヤーに回収権が移ります。モンスターカードにはそれぞれ得点があり、最終的に得点が一番大きかった人の勝利。
 山札のカードがなくなったらゲーム終了になるのですが、先に手札がなくなればそれ以降することがなくなってしまうので単純に強いカードを出せばいいというわけでもなく、カードの読みあいが重要でした。数のかち合いを考えると単純に一番強いor一番弱いカード出せばいいってもんじゃないし……ということで、そこら辺の駆け引きが楽しかったです。モンスターカードも手札カードも総取り出来たときはなかなか気分がよいです。シンプルなゲームでしたがその分色々考えられて楽しかったです。あとカードの絵柄に時代を感じた。

・スモールワールド
 プレイヤーが神となって、使用する種族を選び、用意されたマップの土地を占領するゲーム。全部で8ターンあり、1ターンごとに占領した土地に応じたお金が入ってきます。使用した種族はこれ以上伸びしろがないと判断すれば衰退させ、次のターンで違う種族を使うことが可能。最後にお金を一番多くもらった人が勝ち。
 各種族と特殊能力の特性と、衰退のタイミングが鍵になるゲーム。最初にドワーフ(炭鉱の印のあるマスを占領すると+1pt、衰退しても効果は持続)+増援(駒数+2)で、これはあんまり長居できそうにないなあと思ったので2ターン目で早々に衰退。次にグール(衰退しても自軍のキャラとして占領・侵略が出来る)+スピリット(通常場に置ける衰退種族は1種だが、スピリットの効果があると2種置ける)を選んだのですが、これが強かったです。何しろ衰退しても攻撃できるわけですから、駒が倍になったようなもの。その上スピリットがあるのでグールが衰退してもドワーフを場に残すことが出来、ボーナスポイント含めていただけるわけですから。んで最終的にコボルト(とにかく駒数が多い)+沼地(沼地の印のあるマスを占領すると+1pt)で、数に物を言わせて蹂躙。各プレイヤーがひしめき合う後半は単に未開拓の地を占領するよりも、1コマ置いてるだけの他プレイヤーの領地を侵略して、相手の駒数を減らした方が後々有利になると分かったので侵略しまくり、初プレイで見事勝利しました。しかし勝利した人間からしても、グール+スピリットはチートすぎると思います。あとこのゲームやってしみじみ思いましたが、戦争は数。

・郵便馬車
 ドイツが元になっているマップを使用し、マップ上の土地が書かれたカードを引いて並べて、隣接しあう土地をつなげて郵便通路を作るゲーム。3か所以上土地をつなげれば完成(どのタイミングで完成させるかはプレイヤーの自由)、多くつなげたり色ごとに分かれた地域全部にポストを置いたりしてポイントを稼ぎます。
 目当てのカードを引くことが重要なのですが、一度に2枚引ける局長・場のカードを流して新たに6枚設置できる郡長といった能力で引きの運は調整できるので、どの能力をどう使うかのがより重要だった気がします。1ターンで2枚設置できる御者を使えば郵便網の完成を早められますし。私は5繋ぎまで完成させた後は、各色の地域を網羅してボーナスを稼ぐ戦略に出ましたが、最終的に7繋ぎ完成+終了条件ボーナスを取ったプレイヤーの勝利。色で稼ぐ作戦もらアリだと思いましたが、スタンダードに終了条件を満たす戦略が一番強い気がしました。面白かったです。

・LINQ
 連想ゲーム。1枚ずつカードが配られ、ダイスを振って出た目に該当する単語から連想した単語を発言します。誰か一人とペアになっており、相方にしかわからないヒントを伝えるのが鍵のゲーム。また「?」プレイヤーになって思わせぶりなことを言って相手をだましたりもします。
 これは凄く面白かった! 思わず2回やってしまうくらい。自分の言った単語を、いかにして相手だけに判るように伝えるかが味噌なので、どれだけ相手に伝えられる程度にマニアックなものを考えるかが楽しい楽しい(ちょっと間違った楽しみ方)相手が分かってくれたときは思わずにやり。誰と誰がペアか見抜けたときも楽しい。「?」に引っかかったときは……くっ。
 私はほとんど誰かしらとペアで、1回だけ「?」でプレイ。先頭だったのでだましようがねえ!と思ったけどポイント数の関係で目をつけられていたので思ったよりだませました。っていうか私の直後から流れが色々おかしかったんだ……。2回目は途中までトップだったけど、最終的に「?」を予想してポイントをとられて逆転負け。悔しいので次も絶対やろう。


・人狼
 以前から気になっていたけどプレイするのは初めて。ラ管連の人狼は役職がありすぎて異種格闘技戦ぽくなっていました。ヴァンパイアはさておき、QBて。
 4/30は村人。占い師カミングアウトが横行し、誰が占い師だかわからなくなるまま、私は最終戦まで生き残りました。ともに生き残ったのはまひさんと平和さん。結果、りゅーかさんの占い師騙りに最後までだまされた私とまひさんがお互いを疑いあい、狼だった平和さんは生き残って狼サイド勝利。終わったあとみんなから「あのタイミングでまひさん(5日目くらいにプリンスをカミングアウトしてライカンを暴露してた)疑うのはない」といわれました。ごもっとも。あとで疑ったまひさんに土下座したところ「私たちは平和さんが勝利した歴史的瞬間に立ち会えたのよ!」と慰めていただきました。平和さんの歴史的勝利。あと4日目で占い師カミングアウトしてもみんなから信用される絵空さんは信頼度高いなあと思ったり。そして狂人ズが皆様見事な仕事振りでした。だまされたぜ……。
 5/22も村人。最初から平和さん・かねぴーさんが吊られ、二人とも占い師カミングアウトする展開に。前回だまされた人としては二人ともあやしい。その後2日目でかねぴーさんが吊られて退場……と思ったらかねぴーさんは魔法少女で平和さんも道連れに。QBすごい。気づけば順調に狼が減っていき、最終的に占い師けけ様の力で白判定を得た人を確認しあい、残りの人をローラーで吊っていく展開になりヴァンパイアを吊って村人勝利。ところで私はひたすら秋山さんに疑われていたのですが、終わった後理由を伺ったところ「前回のことを推理の理由にするのは天然狂人に近い存在だから」とのこと。反省せねば。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/791-cfe10ea5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。