(非)日常

社会人でもオタまっしぐら。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
11/13~11/19の読了です。

怒涛のラノベ崩し。これで10月に発売した分まではほぼ全て崩せた……かな?

11/13 桜乃きらほの恋愛処方箋(月見草平/裕龍ながれ/MF文庫J)

 2作目になってもともと高かったLove度がさらに上昇。どこの富士ミスですか。いやまあこっぱずかしい少女漫画的Loveは好きなので全く構わないのですが。反対にオカルト医療の要素は前回より減退でしょんぼり。手術シーンとか、明らかに前回の方が面白かったもの。三角関係があんまり意味を成していないとか気付けば朝永が最萌えキャラになっている(イラストも1番力が入っているし)とか色々思うことはあるけど、そこら辺はまた次に。

【評価:★★★】


11/14 リバーシブル 1.黒の兵士(水月昴/方密(M2)/角川スニーカー文庫)

 これで奨励賞なんだから、そりゃ骨王は優秀賞取れますよね。ストーリーは根幹の設定にご都合的というか痛恨のミスがあるけど(調停者のあたりに)そこまで悪くない。けどそれを魅せる力や周りの補強が圧倒的に足りてない。特にひどいのはキャラ描写。魅力的じゃないという次元じゃない、薄っぺらいにも程がある。というか作者自身、キャラの性格をちゃんと設定していないでしょ? 文章も頭の中のイメージを表せてなくて読み進める目が止まった。後書きで言っている通り処女作ですね。褒める点も特に見当たらないし、編集は一体何を思って奨励賞をあげたんだろう?

【評価:★】


11/15 戦鬼 ―イクサオニ―(川口士/一之瀬綾子/富士見ファンタジア文庫)

 四年ぶりのファンタジア大賞。文章をはじめ全体的に端正な作りで完成度は非常に高いけど、それゆえに淡泊で雑味やアクがほとんどなく、ラノベっぽくはないんですよね。そこはいいんだけど、問題はこぢんまりとまとまっていてインパクトに欠けていることと、アクション物のはずなのに桃生戦以外のバトルが面白くないこと。お供いらないよ。キャラは魅力的でいい感じ。いやもう梓がかわいくてね! 幼女ばんざ(ry まさか幼馴染み物(狭義で捉えると違うけど)だとは思ってなかったので美味しい不意打ちでした。あと3,40ページかけて桃生と川楊&鈴鳴について掘り下げてくれればよかったんだけど……勿体ない。あと一之瀬綾子は好きだけど正直イラストは微妙。和風もロリも描ける人じゃないんだってば……でも温羅のデザインには萌えたのですごく負けた気分だ。

【評価:★★★☆】


11/16 クジラのソラ01(瀬尾つかさ/菊地政治/富士見ファンタジア文庫)

 ……勿体ない。ゲームという設定はすごくいいし、それを根幹としたエピソードも面白い。何よりこういうスポ根物は大好き。なのに作者の技量がそれを活かしきれてない。全体的に描写不足で作者の頭の中で動いている感じがして、面白いのにはまれない。こういうのは作者とシンクロするとのめり込めるんだけど……。そして基本的にセリフで進行するから、試合の勢いはあっても迫力がない。お願いだから地の文でゲームの試合の魅力を出してください。あと380ページもあるのに話を詰め込みすぎな気がする。群像劇をやりたいならもっと個々のエピソードを丁寧に書いて欲しかったです。話そのものは本当に魅力的だし、実際ここまで欠点だらけでもそこそこ面白かった。シリーズが続く中で改善されるといいです。

【評価:★★★】


11/17 カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~(高殿円/椋本夏夜/ファミ通文庫)

 あれ? 思ったより話が進んでない。今回はパティの話にページが割かれていて、本筋の方は最後に進んだくらいでそれがちょっとじゃなく不満。シャーロットもカーリーのラブがほとんどギャグ要素になっていて、その上高殿のギャグは合わないので、なおさら不満に。そして今に始まったことじゃないけどキャラの過去や心情をセリフで語らせすぎです。さすがに冷めるよ……。パティの話自体はとても良かったのが救いかな。駅でのシーンの、パティの芯の強さと寂しさが印象的。本当にこの人のは脇のカップルが主役を喰うくらいいいですね。マグダミリアしかり、遠征王しかり。(もし出たら)次は大学生編だそうで。ラノベでは珍しい近代史物なので、ぜひとも続いてほしいなぁ。

【評価:★★★☆】


11/18 狼と香辛料Ⅲ(支倉凍砂/文倉十/電撃文庫)

 相変わらず、というより回を重ねるごとに面白くなっています。今まで決着のつけ方はホロの力に頼りがちだったのですが、今回はそれもなし。また市場での駆け引きをクライマックスにしていたのも好印象。市場での価値に一喜一憂している様がその本の中で一番面白い小説なんて他にそうないですよ。それくらい今回の市場のシーンはすごい。ホロとロレンスのラブラブっぷりにも磨きがかかり、読んでいるだけでお腹一杯です。にしてもこのシリーズは三角関係すらも経済に絡めるのか。その心意気に脱帽です。……そしてあんまりにも安定して面白いので書くことがないです。ということで、次も楽しみ。

【評価:★★★★】
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dailyornotdaily.blog71.fc2.com/tb.php/97-530dafe3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。